平安月報12月号

0

    日々ありがとうございます。
     
    平安月報12月号が出来ました。
    今月は
    1面:京都・滋賀・奈良3教会壮年部交流法座
    2面:今月のことば、七五三の式典
    3面:大歓喜の集い、宿直者の集い
    4面:庭野開祖の法話より の構成になっています。
    ぜひご覧になって下さい。→こちら


    12月の言葉

    0

      〜使命にめざめる〜

       

       平成30年、教団は創立80周年を迎えることができ、多くの皆さまのお陰さまをもちまして、有意義な一年となりました。ここにあらためて感謝を申し上げます。


       さて、機関誌『佼成』12月号では、会長先生から、「使命にめざめる」というご法話をいただきました。本年5月から「八正道」の徳目を一つずつ取り上げてくださり、今月はいよいよその最後である「正定(しょうじょう)」についてのご法話を頂戴しました。とくに私は、「『正定』とは、心が常に仏の教えに安住していて、周囲の変化によって動揺しないことと受けとめられますが、たとえ貧しくても悲観せず、そこにある幸せを精いっぱい感受する…」という心を持つことが肝心であると学ばせていただきました。


       冒頭に、福井に生まれた幕末の歌人である橘曙覧(たちばなあけみ)の歌を紹介してくださいました。私は以前に福井で3年間生活させて頂いたとき、橘曙覧が残された和歌(生涯1,200首以上を残された)の『独楽吟』と題された52首の連作にふれることができました。そのいずれも「たのしみは…」で始まり、「…するとき」で締めくくられています。その中から会長先生がご紹介くださった「たのしみは 朝おきいでて 昨日まで 無かりし花の 咲ける見る時」という歌が、私は一番好きです。
       

       ちょっとした変化のようで実は大きな変化でもあり、なんだか嬉しい気持ちになります。こういう物事の変化に敏感であり、且つ花という縁にふれる自分との関係(つながり)を楽しむ、悦ぶ、感謝する気持ちになれるよう、日常生活において自分の心を耕し、育てることが大事であると思いました。
      立正佼成会では、「ご供養」、「導き・手どり・法座」「ご法の習学」を三つの基本信行として努めさせて頂いています。特に朝夕のご供養をさせて頂く際、本会経典のはじめにある『無量義経十功徳品第三』というお経が「正定」になるために欠かせないと思うのです。


       なぜなら、そのお経の最初に「佛の言わく、善男子、第一に、是の経は能く菩薩の未だ發心せざる者をして菩提心を發さしめ…」とあります。まさに180度の変化がもたらされるのです。仏の子らしくならせて頂こう、人間本来の生き方に目覚めようという心をたもち続けることが毎日の自身の努力、精進によって叶うからであります。
       

       仏・法・僧の三宝のお陰様で着実に変化し、やがては心も大きく、豊かになり、「正定」な心で人生を歩めるようにならせて頂けるのだと思います。しかも、自分だけではなく、万人が救われますようにとの釈尊の願いに沿い、今月のご法話の最後にお書き頂いている「仏の教えをとおして人間らしい生き方を学んだ私たちは、仏への道を歩みつつ、一人でも多くの人の仏性開顕という使命を果たしていきたいと思います」というご指導を心に刻み、修行精進させて頂きます。
       

       会長先生から「正」の字は、「一」と「止」が組み合わさってできているので、「一」=「真理」である。よって「真理に止まる」という意味であると教えて頂きました。とても大事なことと受けとめました。


       佼成会では12月が新年の始まりと言われています。そういう意味では「一」であり、平成30年の締めくくりの月でもありますので「止」でもあります。これからも菩薩としての使命にめざめ、「八正道」の教えにそった精進をさせて頂こうという誓願をもって、平成31年をお迎えしたいと存じます。

       

      合掌
      京都教会長 佐藤益弘
      【佼成12月号はこちらからご覧頂けます】
      【朗読版はこちら


      宿直者の集い

      0

         

         平成30年の宿直者の集いが11月23日午前、京都教会研修室で行われ、約40名の宿直者が参加しました。
         

         佐藤教会長は自身が学生時代に宿直を通して学んだことを述懐し、学生の方にも宿直に入って頂けるように促されました。また青年幹部会で光弔気泙述べられたお言葉の中から、人は誰とでもつながることができ、それが菩薩として本来の生き方だと説明されました。来年は京都教会発足60周年であるため、さらに宿直のネットワークを広げて頂きたいと結ばれました。


        大歓喜の集い

        0

             

            

           大歓喜の集いが11月23日の午後、京都教会体育館で行われ、約400名の会員が参加しました。テーマは「教団創立80周年を迎えて 先輩方々へ感謝を込めて」。多くの古参会員が招待されました。
           

           開式後の佐藤教会長の挨拶で「現在の京都教会があるのも先輩会員さんのご修行があればこそ。私たちは感謝し、来年の京都教会発足60周年を迎えたい」と述べると、会場からは大きな拍手。川崎壮年部長が乾杯の挨拶を行い、その後は歓談・食事を楽しみました。
           

           纏・太鼓のコラボレーション演舞や各支部発表、カラオケ、私の「発」発表など、多彩な催しがあり、参加者は終始拍手を送り続けました。みんなで踊ろう!! DA PANP USAでは舞台上に青年部が、会場の参加者は手の動きだけで踊りに参加し、皆が一体感を味わうことが出来ました。


          平安月報11月号

          0

            平安月報11月号が出来ました。


            今月は
            1面:第15回奈良県宗教者フォーラム
            2面:今月のことば、ある青年のチョットいい話
            3面:『核の脅威削減に向けて』公開講座、真如苑へ教団訪問
            4面:お会式・一乗まつりに参加した感想 の構成になっています。
            ぜひご覧になって下さい。→こちら


            今月のことば

            0

              〜『思いやり』を、いつも心に〜

               

               今月は中央支部、学生部(高校一年)の田村和哉が担当させていただきます。よろしくお願い致します。

               

               今月の会長先生のご法話は「『思いやり』を、いつも心に」です。僕は普段、佼成をあまり読んでいないのですが、この本を読んでみて初めに思った事は、「いいことが書いてあるな」という思いです。何故そう思ったかというと、二つの言葉が僕の心に留まったからです。
              ページは前後しますが、まず一つは、“「人をそしる心をすて豆の皮むく」。心が怒りや貪りなどの感情に支配されそうになったら、まずは目の前のことにうちこむ。それも「正念」をとり戻す一つの方法です。”という所です。

               

               僕は昔から先の事を色々考えて頭の中がゴチャゴチャになり、『自分なんて』というネガティブな思いばかり考えて、悩む癖があります。だからこそ今気をつけている事は、『まず行動を起こす』という事を心掛けています。
              それは以前、学校から出されるレポートでゴチャゴチャと頭の中で悩んでいる時に、母から『まずは行動に移してみたらいいんじゃない?』と言われ、言われるがままにやってみたら、こっちの方が気持ちが楽だったからです。

               

               もう一つは、“『当に大乗経を誦して 諸々の菩薩の母を念ずべし』。すなわち、朝夕の読経を習慣とし、『慈悲、思いやりの心をもって生きよう』と願うことだというのです。”という所です。これも最近意識している事で、僕自身が思いやりの心を受けた時、とても気持ちがいいし、嬉しかったからです。
              でも、思いやりの心だけを持って行動するという事は、まだまだ難しいです。どうしても一つの事に集中できず、やはり色々な事を考えてしまうからです。でも、そうして意識して生活する事で、自分の成長につながっているのだという事が、会長先生のお言葉を通してよく分かりました。


               僕は小学校の終わりから不登校になり、中学の時はほとんど引きこもっていました。引きこもっていると精神的な疲労がとても大きいです。自分でもどうしたらいいのか分からなくなり、両親に当たりちらし、弟にも八つ当たりをして、暴言を吐いたり、時には暴力も振るいました。
              自分はダメだ。死のう。死ぬしかない。僕のいつものネガティブな考え癖で、そういう事しか考えられなくなっていました。色々考えて悩んでみても、その答えが出ず、同じ事を繰り返していました。たまに学校に行く事ができた時がありましたが、精神的疲れが出て、また家に引きこもりました。
              そんな中でも、担任の先生はいつも「来れて良かったね」「来てくれてありがとう!」という優しい言葉掛けをしてくれました。


               僕は「居場所がない」「学校に行っても疲れるだけで行ってもしょうがない」といつも思っていたのですが、その時ばかりは「自分も居ていいんだ」「行ったら喜んでくれる人がいるんだ」と、自分の存在価値を感じ、僕の心を解きほぐして、嬉しい気持ちになりました。
              卒業式の日。式には参加出来ず、後から母と学校に行くと、校長室で校長先生から卒業証書をいただきました。そしてその周りには、僕の事を心配してくれている20人もの沢山の先生がいました。
              この時初めて、「自分の事を思ってくれる人がこんなに居るんだ」と気づき、とても笑顔で明るい気持ちになれました。


               今振り返ってみて感じる事は、思いやりのある色々なご縁のお陰様で、失敗ばっかりだけど、でもその積み重ねで、少しずつ成長していたのかなと気づきました。
              そして人との関わりや交流をもつ事で、今の自分に気づく事ができるし、引きこもって悩むより交流がある方が、沢山『心の栄養』をいただけるし、嬉しいし、楽しいし、一番大切だと思いました。
              だからこそ、これからは、今まで関わってくれた人たちに感謝の心で、今度は逆に、自分が人の事を分かってあげられる、思いやりのある自分になりたいと思います。
              少しずつでも、“思いやりの心をもって”、“まず行動を起こす”ことを心掛けていきたいと思います。
              ありがとうございました。


              合掌
              中央支部学生部 田村和哉
              【佼成11月号はこちらからご覧頂けます】
              【朗読版はこちら

               


              平安月報10月号

              0

                平安月報10月号が出来ました。


                今月は
                1面:新宗連「憲法学習会」
                2面:今月のことば・健康長寿祈願供養
                3面:脇祖さま報恩会・秋季彼岸会
                4面:庭野開祖の法話より の構成になっています。
                ぜひご覧になって下さい。→こちら

                 


                今月のことば

                0

                  〜自他ともに心楽しい精進を〜

                   

                   今月は、西京支部婦人部長の平林希予が担当させて頂きます。
                  私は現在、家庭と仕事、学校や地域、教会のお役と毎日大変充実した日々を送っております。そんな中、今回のお役を頂き、今月のご法話「自他ともに心楽しい精進を」を拝読させて頂きました。まさに、日々精進の私ですが、いつも心楽しくさせて頂けてるかなと振り返らせて頂きました。


                  沢山の事柄があると、やらなくてはならないからと、気負ってしまったり、責任があるからと頑張ってしまいます。それも時として大切なことかも知れませんが、そればかりだと、いつの間にか心楽しくとは、かけ離れた精進になってしまうのではないかと感じさせて頂きました。


                  ご法話では、精進というのは、気負って努めることでも、苦しみに耐えながら励むことでもないと。精進とはまじり気のない、自分本来の力をまっすぐに発揮すること、そして、その精進を通して本来の自分(仏性)に出会うことに喜びがあると教えて頂きました。


                  ちょうどこの夏、このご法話のような有難い体験をさせて頂きました。

                  西京支部では今年の8月、青少年育成の取り組みの中で、少年部を中心に家族みんなで1泊2日のお当番修行をさせて頂きました。私は実行委員のメンバーとして、又、子供達を送り出す親として参加させて頂きました。前日のつなぎのお役から、ご供養、宿直、翌日のお当番と、普段なかなか経験することのない体験を、大人のサポートを借りながら、子供達は立派にお役を果たしてくれました。


                  今回が初めての経験だったので、私も子供達がどこまでやってくれるのか、少し気になりながらサポートしてましたが、聖壇のお役も前日の夕方からみんなで一所懸命練習し、夜6時のご供養、朝の9時のご供養、12時の唱題修行を子供達でさせて頂く事ができました。


                  また、小さい子達も、夜の見回りや法座席の掃除や庭の水撒きなど、みんなで楽しくさせて頂きました。
                  その姿は決して気負って努めてるのではなく、それぞれ自らが輝いて、充実感に満ち溢れた素晴らしい姿でした。子供達の輝かしい仏性を見させて頂き、本当に感動しました。子供達のまじり気のない、自分本来の力をまっすぐに発揮した姿をみて、私自身も清々しい気持ちになりましたし、これこそが会長先生のおっしゃられた「自他ともに心楽しい精進」なのだと感じさせて頂きました。


                  私も教会のお役はもちろん、家庭や仕事、地域において、様々な出来事がありますが、その時々の自分本来の力がまっすぐに発揮出来るような自分にならせて頂きたいと思いました。つい、自分のものさしで目の前の現象を素直に受け取れなかったり、特に身近な家族にはわがままな心が出たりします。
                  それでも、そんな心を反省したり、懺悔しながら自分自身の仏性に向き合い、自他ともに心楽しい精進が出来るような私にならせて頂きたいと思います。ありがとうございました。


                  合掌
                  西京支部婦人部長 平林希予
                  【佼成10月号はこちらからご覧頂けます】
                  【朗読版はこちら

                   


                  秋季彼岸会

                  0

                      

                     

                     9月23日、秋季彼岸会が教会法座席で行われ、戒名読み上げ者、参拝者が多数参加しました。
                    式典は奉献の儀、手紙披露、読経供養、説法、佐藤教会長の言葉と続きました。

                     

                     説法では不妊治療の結果、結婚17年目に授かった息子が学校で先生にきつく注意されたことを通して、息子の性格が優しいことや誰よりも努力していることはお母さんが一番よく知っていると言えたと発表。そして、家庭が安らぎのある場所であるようにと息子のことで家族が一つになれたことや自分自身も親の思いが分かったと述べられました。
                     

                     佐藤教会長は言葉の中で、今回の彼岸会のテーマが「宇宙まで届く先祖供養」であることにふれ、23日に日本が打ち上げた「こうのとり」が宇宙ステーションまで物資を運んだことや「はやぶさ2」の探査機が惑星に到着したと報告。その因縁の不思議さを述べた。また説法の内容に触れ、簡単に人は生まれてこないと命の尊さを述べた。授かった命も病気などになることもあるため、家を港に例え、エンジンを止めて点検してリフレッシュする基地が港であり、家であると説明。出港する時、帰港する時に手を振るように家庭でも出来ると理想的だと解説した。

                     また回向文の解説を行い、釈尊は長い間、難行苦行され休むことはなかったように、急がず、休まずが大切であって、お彼岸の期間だけ功徳を積み、修行しても感心しませんと述べた。最後に徳は耳からではなく、目から入るため、徳のある人になるためには自分の行いを美しくし、「あの人のようになりたい」と思ってもらえるように常精進の大切さを述べ結んだ。


                    健康長寿祈願供養

                    0

                       9月15日、釈迦牟尼仏ご命日式典後、健康長寿祈願供養が行われ、75歳以上の138名が参加されました。
                      式典は読経供養、感謝の説法、佐藤教会長の言葉と続き、読経供養中に対象となった方の名前の読み上げが行われました。

                       

                       感謝の説法では3名の方が述べられ、1人目の北岡さんは、ここまでこられたのも亡くなった主人のおかげ、「おかげさま」と「ありがとう」しかない、幸せでたまらない、と述べると共に100歳目指して頑張りたいと抱負を発表されました。

                      2人目の松井さんは広島県出身で、今まで支部長さんや主任さんの言われるままに修行して来たこと、15年前に京都にやって来て、今は200名余の老人会で会計監査のお役をしていること、地域の方から「松井さんはボランティア精神がスゴイ」と表彰を頂いたことなどを発表されました。

                      3人目の滝口さんは入会当時、小さい子供を連れ幹部さんについて導き修行をしたこと、実践すれば必ず救われること、実践する中で自分を磨き人格を高めると教えて頂き自分の人生観、価値観が一変したことを述懐され、今後、地域社会へ布教伝道していきたいと述べられました。
                       

                       佐藤教会長はお祝いの言葉の中で、早朝から会長先生の代理として石清水八幡宮の祭事に参加してきたことを報告。晴れ用の儀式、雨用の儀式が用意されているそうで、その点、京都教会は一つ大きな屋根の下、楽に修行をさせて頂けると感謝の気持ちを披露されました。

                      また感謝の説法にふれ、3名とも入会した年を覚えておられることに驚き、長寿の秘訣だと解説、そして功を積むことが功徳であり、その大切さや毎日続けることの大切さ、毎日続けるからこそ本物になれると常精進を促し結ばれました。



                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      links

                      スマホ版へ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:650 最後に更新した日:2018/12/05

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM