8月の言葉

0

    〜見えないはたらきに気づく〜

    8月を担当させて頂きます、右京支部青年男子部の大川浩市です。宜しくお願いします。
    今月の会長先生のご法話は「見えないはたらきに気づく」です。「気づく」ということですから、「見えないはたらき」が私たちのまわりにあるということを題名からも教えて頂いています。
    今月は会長先生からのクイズから始まります。「空気・心・ご縁」の3つに共通することは?という問題です。答えは「実際に触れること、見ることもできないものでありながら、私たちが生きる上で欠かせないもの」でした。心・ご縁は、親の恩や先祖の徳、家族の思いやりや友達の気遣いとも言えるでしょう。つい感謝を忘れてしまいがちな、「目には見えない大切なもの」ばかりです。
    目には見えない大切なものを見られるよう、気づけるようになるにはどうしたら良いのでしょうか?そのきっかけは信仰だと教えてもらっています。私達はすぐ、目の前に見えている事柄や姿で判断してしまいます。
    昨年、私は仕事で2人の方を怒らせてしまいました。原因は重要な仕事を任せてもらう中で調子に乗ってしまっていた私にありました。今も心を入れ換えて信頼を取り戻すべく頑張っています。
    1名の方とはありがたいことに仕事をまた任せてもらえるようになり、元通りではないですが、楽しく仕事ができるようになってきました。ただもう一人の方はまだまだ厳しい言葉を頂きます。片方の方に許してもらえてくると、最初の謙虚な気持ちが、「なぜこの人は許してくれないのだろうか」という不満な気持ちになりそうになっていました。
    そんな時、ある方に話を聞いてもらって、こんな言葉を頂きました。「その許してくれない方がいるから、また調子に乗らないように気を付けられていられるんやね。その人にも心から合掌できたらいいね」と言っていただき、ハっとしました。私にとってその人は自分を律してくれる、ありがたい存在なのだと気づけると、また見る目が変わっていきました。その方を怒らせた理由は、その方の仕事の仕方を否定していたことがご本人の耳に入ってしまったことでした。
    その方の立場で会社のために頑張ってらっしゃっていたことを全く考えず、目の前に見える発言や姿だけを見て、否定をしていたのです。
    相手がどんなことを考えて、どんな思いで、どんなことをしているかは目には見えません。それを「責める気持ちで見るか」「相手から何を教えてもらっているか」と見るかで、その後の結果と影響がガラッと変わってしまいます。後者の見方が信仰の観方だと思います。勝手にしんどく感じていた相手との関わりも、見方を変えてみると相手の方の方がしんどい気持ちになっていたのではないかと見えました。
    すると何とかしたいという気持ちが出てきましたし、その方と私は「会社を良くしたい」という同じ気持ちを持っていることに気づけ、心の距離が近くなりましたし、ありがたいと感じられるようになってきました。素直にそう思えると、最近はこちらから声かけができるようになり、自分から関わっていけるようになっています。
    仕事だけではなく、家庭や、教会での活動の中でも、嫌なことや逃げたいこと、向き合いたくないことがたくさんありますが、素直に教えに沿ってやってみる、感じてみるとその中にある仏さまからのメッセージに気づくことができるということ、それが幸せになる一番の早道だと会長先生から教えて頂きました。
    今月は、生活の中にある「見えないはたらき」を意識して、「当たり前」のことには感謝の気持ちを持ち、自分にとって都合が良くないことには、素直に精進する中で、その中にある仏さまからのメッセージを探していきたいと思います。ありがとうございました。


    合掌

    青年男子部 大川浩市

    【佼成8月号はこちらからご覧頂けます】
    【朗読版はこちら

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    links

    スマホ版へ

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:590 最後に更新した日:2017/12/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM