世界宗教者平和の祈りの集い

0

       

       

     

     比叡山宗教サミット30周年記念「世界宗教者平和の祈りの集い」(主催・日本宗教代表者会議)が8月3、4の両日、京都市の国立京都国際会館、大津市にある天台宗総本山・比叡山延暦寺などを会場に開催され、京都教会会員もボランティアとして運営に携わりました。
    宗教サミットは1987年、故山田恵諦天台座主の呼び掛けで開かれ、その後10年ごとに海外の宗教者を招いて大規模な集いを催してきました。30周年の節目となる今回のテーマは、『今こそ平和のために協調を――分裂と憎悪を乗り越えて』。海外18カ国の諸宗教代表者を含む約2000人が参集しました。
    開会式では、国内と海外からキリスト教、イスラーム教、仏教、ユダヤ教、ヒンズー教、ゾロアスター教の指導者ら計約50人がメインホールの壇上に並び、主催した日本宗教代表者会議事務総長の杜多道雄(とだどうゆう)・天台宗宗務総長のあいさつ、そしてローマ法王と世界仏教徒連盟会長、世界イスラーム連盟事務総長のメッセージを披露。
    この後、『分裂と憎悪をどうしたら乗り越えられるか』と題して明石康・元国連事務次長が、『暴力的過激主義に宗教者はどう立ち向かうか』と題してウィリアム・ベンドレイ世界宗教者平和会議(WCRP/RfP)国際事務総長が、それぞれ基調講演を行いました。
    基調講演を受けて、『テロと宗教――暴力的過激主義に宗教者はどう立ち向かうか』をテーマにシンポジウムを実施。イスラーム、キリスト教、ユダヤ教、仏教など諸宗教者7人のパネリストは、原理主義や過激主義を抑制するための対話の重要性、宗教の果たす役割などについて意見を述べられました。
    夜には山科区の将軍塚青龍殿でグレゴリオ聖歌と天台声明、イスラームの聖典コーランの詠唱があり、平安時代から続く「不滅の法灯」の分灯がともる中、宗教者約300人が「鎮魂の祈り」をささげました。
    4日午前には国立京都国際会館で「分科会」を実施。「核廃絶と原子力問題」「貧困の追放と教育の普及」のテーマに分かれて語り合いました。午後からは比叡山延暦寺境内の特設ステージで「世界平和祈りの式典」が挙行され、子供たちによる「平和の鐘」の音に合わせ参加者が「平和の祈り」を捧げた後、主催者を代表して同会議名誉議長の森川宏映・第二百五十七世天台座主があいさつ。「世界を覆いつつある『排除と孤立』ではなく『相互理解と連帯』こそが人類に平和と繁栄をもたらす」と述べました。
    この後、同会議名誉顧問の庭野会長が同サミットで採択された「比叡山メッセージ2017」を宣言。メッセージは、テロや戦争、環境問題、核兵器廃絶、生命科学と倫理など多岐にわたって言及。30年前の宗教サミットで「宗教者は常に弱者の側に立つことを心がけねばならない」と宣言したことに対して「その責務を十分に果たしてきたとはいい難い」と認め、さらに平和のために努力することを誓い、「憎悪と排除からは争いしか生まれず、忍耐強い対話と他者の存在を受け入れる努力こそ平和への近道だ」と締めくくりました。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    links

    スマホ版へ

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:582 最後に更新した日:2017/10/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM