第57回かめおかこころ塾

0

     

     9月9日、ガレリアかめおかにおいて第57回かめおかこころ塾(主催:かめおか宗教懇話会)が開催され、加盟団体の会員が多数参加しました。
     今回の講師は元立正佼成会理事・元立正佼成会京都教会長の青嶋久夫師が「こころの華を咲かせましょう 〜「あかるく・やさしく・あたたかく」をモットーに〜」の講題で約1時間半の講演を行いました。
    青嶋師はこのかめおか宗教懇話会発会の歴史に触れ、多くの有名な先生方が集われたことの素晴らしさ、20年間もこうして活動が続けられてきたことの素晴らしさを讃えられました。そして、ものごとが起きるには必ず何か起きる「もと」があると説明。この宗教懇話会の精神性の高さには発会する理由があったはずで、その要因の一つに明治時代に「おほもと」が亀岡に立教されたこと、その活動が一宗教の枠にとどまらず人類愛善会や世界連邦を目指していること、エスペラント語の普及に努められていることや過去の宗教弾圧にも屈せず、平和の心を持つ人々を育て続けられてきたことが今日の懇話会を作り上げていると持論を展開されました。
     また私たちは生かされているにも関わらず、自分自身の力で生きているという錯覚におちいっていると述べ、それは父母による生命誕生の瞬間からこの命は自分だという認識になっていることだと説明。その後、自分の五感の満足か不満足かの判断のまま生きてきたと、生きるという本能のまま生きているのが現状だと述べました。神仏(大生命)に生かされている自分を認識することの大切さを強調され、本来の人間らしい生き方を求道出来るのは、このこころ塾であると開催の意義を噛み砕いて説明されました。

    1999年、中東のヨルダン・アンマンで第7回世界宗教者平和会議に参加したおり、キリストが十字架にかけられたというゴルゴダの丘に行ったことを披露し、キリストが十字架にはりつけられる直前、「神のみ心のままになしたまえ」と言ったことは「信仰の極致」であると説明し、私たちもそれぞれの教団の開祖の教えや精神に対してどこまで信念を持っているかを見つめ直しましょうと訴えられました。
     最後に、蓮華の華は泥土を養分にして泥の上に綺麗な咲く花であると述べ、人はもともと人のために生きていこうという種を持っており、このこころ塾で仏のこころを頂いて、どんな人間に育つかが大切だと各自の精進を促し結ばれました。



    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << October 2017 >>

    links

    スマホ版へ

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:582 最後に更新した日:2017/10/10

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM