2月の言葉

0

    〜人を思いやる「心の習慣」〜

     

    今月は、京洛支部、組長のお役を頂いております、三木希衣子が、担当させて頂きます。宜しくお願い致します。

     

     会長先生のご法話「人を思いやる「心の習慣」を拝読させて頂きました。
    「得は徳に通じる」の所から、体験を深くかみしめる事が出来ました。
     昨年11月、近所に70代後半のご夫婦が引っ越しのあいさつにみえました。感じの良いご夫婦でしたが、その後奥さんの姿が見えず、心配でした。近所の人から、筋肉痛で寝たきりの状態と聞きました。その後、救急車で運ばれたと聞きました。私は、ご供養して念じさせて頂きました。思いがけず、ばったりと娘さんと会う事が出来たのです。「圧迫骨折で入院しましたとの事でした。私は病名がわかり安心しました。すぐに近所の人を誘い、お見舞いに行きました。奥さんは、とても喜んで下さいました。

    「引っ越してすぐにこんな目にあって」と嘆いておられましたが、近所にこんなに温かい人が居られるので「家に早く帰りたいです」と言って下さいました。
     

    会長先生から「要するに精進によって、それが心の習慣になれば人を思いやる気持ちを自然に行動にあらわせるということです」と、学ばせて頂きました。
    ご夫婦の出会いのおかげさまで、確認することができました。

     

    「すべては一つ」という所の「自分本位のとらわれや執着を離れて、ものごとの真実を見極める」と言うことを、学ばせて頂きました。
    私は、ボランティア活動をして、12年になります。その中で、毎回一回グループの勉強があります。私の担当の時、思いもよらず、先生や仲間から、不条理と思った意見を頂きました。


    今まで感じた事のなかったほど落ち込み、憤りさえ感じました。長い間、頑張ってきましたが、やめる方に考えてしまいました。
    今まで努力し、頑張ってきた12年間を振り返ることができました。仏さまからのメッセージは何か、苦しみはどこから出ているのか、相手の意見が受けられない自分を見つめ考えました
    「そうだ、私の事を大切に思って、言って下さっているんだ」と気づかせて頂きました。自分の心グセが、素直に相手を受け入れられない、自分が自分を苦しめていた事に気づきました。


    会長先生から「相手と一つになれば、慈悲をしているといった意識もしないまま、その思いやりが、お互いの喜びや心の成長に結ばれていくのです」と学ばせて頂きました。


    これからの人生、私はまだまだ意識しないとできませんが、心の習慣になるように素直に精進して参りたいと思います。ありがとうございました。

     

    合掌
    京洛支部組長 三木希衣子
    【佼成2月号はこちらからご覧頂けます】
    【朗読版はこちら

     


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    links

    スマホ版へ

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:670 最後に更新した日:2019/04/18

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM