教団創立81周年記念式典

0

      

     教団創立81周年記念式典が3月5日、本部・大聖堂で行われ、会員約3,500人が参集。法話に立った庭野日鑛会長は、「家庭での教育が、最も肝心な、根本的な教育」と強調し、親が教えに沿った生き方の模範を示すことで、子供の宗教心が育まれると述べられました。

    その模様がインターネットにより国内外の教会や拠点へ同時配信され、京都教会でも多くの参拝者が教会法座席で拝見しました。


     式典では、読経供養が行われ、導師をつとめた庭野光勅‖絏馗垢庭野会長の啓白文を奏上されました。
    次いで、教会役員功労者199人の代表者である京都教会の平井利枝氏、会員特別功労者217人の代表者である江戸川教会の三原秀夫氏に庭野会長から感謝状と記念品が贈呈されました。庭野会長は「平井さんは私が京都に行くと、毎回京都駅まで迎えに来て下さった。今日もお迎えを頂き、まるで今日も京都に来ているようだと思った」と感想を述べ、京都という特殊な教会で20年の間、役員として多忙な教会長を支え、円滑な教会の運営を支えて下さったことに感謝の言葉を添えるとともに、現在の京都教会長は「信者の手本のような方」と言っていたと披露されました。

     

     次に庭野会長は会場の最高齢会員3名を紹介。「95歳の方、京都教会の水谷さん」と紹介されると、教会法座席の会員からも大きな拍手が沸き起こりました。


     この後、法話に立った庭野会長は、「父は子どもの尊敬の的でありたい。母は子どもの慈愛の座でありたい。なぜなら、家庭は子どもの苗代だから」という安岡正篤氏の言葉を引用しながら、人間の成長にとって最も大事なのは「家庭」であり、家庭教育が子供の人格形成に大きな影響を与えると説示。想像力や記憶力が鋭敏な時期といわれる少年期に、「朝のあいさつ」「人に呼ばれたらすぐに返事をする」「履物をそろえる」といった「三つの実践」をしつけ、そうした人間教育が学業を含めた成長の根本になると説かれました。


    関連する記事

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    links

    スマホ版へ

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:676 最後に更新した日:2019/06/05

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM