「核なき世界と非戦の理想」 公開シンポジウム

0

     世界宗教者平和会議(WCRP)日本委員会は9月29日、音羽山清水寺経堂に於いてパグウォッシュ会議と共催で「核なき世界と非戦の理想」と題し、公開シンポジウムを行いました。京都教会からも大勢の会員が講演を拝聴しました。
     はじめに、核開発や核の被害などに関するVTRを約1時間上映。その後、黒澤満氏(大阪女学院大学教授)と川崎哲氏(核兵器廃絶国際キャンペーン[ICAN]国際運営委員)による講演がありました。
     その後はパネルディスカッションを行い、資本主義国は国民投票で国の方向性が見えるが、社会主義国は見えないため難しさがあることを指摘。また北朝鮮がこれだけ核実験をする中で、日本が核武装するのではないかという国際世論の中、核を持たないということが日本人の答えだと発言されました。
     閉会挨拶では音羽山清水寺執事補の大西英玄氏が今回の開催にあたり、フェイスブックでのアクセス数が3,309回にのぼったことを紹介。世間の注目を集めていたと発言すると共に、あまねく門戸を開かれた清水寺を今後も活用して頂きたいと述べ、締めくくられました。 



    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    links

    スマホ版へ

    selected entries

    categories

    archives

    profile

    書いた記事数:697 最後に更新した日:2019/11/08

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM