9月の言葉

0

    〜『違い』があるからこそ〜

     

     「今月のことば」を担当させていただきます、宇治支部文書布教担当、笹川和代です。

    佼成9月号の会長先生のご法話は「『違い』があるからこそ」です。

     

     ご法話とパソコンを交互に睨みながら、この原稿を考えている私の横で、日本に帰国して2年が経ち、だいぶ日本語がまともになってきた中二の娘が「違いがあるからこそ世界がある」と言いました。どこか哲学めいていて、おっ?と思いました。

     

    主人の赴任に伴い、タイのバンコクに7年間住まわせて頂きました。当時小学1年生と年中の娘二人は、諸事情によりインターナショナルスクールに通うこととなり、帰国までの7年間を、いろいろな国籍・文化言語・宗教が入り混じる環境の中で学ばせて頂きました。

     

    クラスメートのお友達は、肌の色・瞳の色・髪の色皆それぞれ違い、ピアスはあたりまえのことだったり、また宗教によっては男の子でも髪の毛を伸ばしいつも束ねていたり・・・。面白いのはランチで、インド人の子は毎日カレー。アメリカ人の子はイチゴジャムを挟んだだけのサンドイッチ。タイ人の子はその家のお手伝いさんが道端の屋台で買って来た物を食べる。挙げればきりがありませんが、娘の話を聞くたびその多様さ、日本との「違い」に驚く私でした。

     

    日本ではこうする、こう考える、と狭い視野で物事を見て、少し批判的な心が私の中に湧いたことも正直ありました。朝、学校に子供を送っていくと、小学3年生くらいの子がロビーで朝食を親に食べさせてもらっている姿を見て「どういうしつけをしているのだろう。日本では有り得ない」と思っていました。

     

    会長先生は「他者との違いを認めて受け入れるには、私の心にも他を愛おしみ、慈しむ心があると自覚することです」と教えて下さっています。

     

    保護者同士もだんだん仲良くなり、話を聞いていくと、渋滞がひどいバンコクでは朝早く出ないと学校に間に合わないので、6時には子供を車に乗せ学校に向かうのだけど、そこで朝食を取ると酔ってしまう。なので早めに来てここで食べさせているとの事情を聞き、同じ母親として子供に対する気持ちを共有させて頂けたのと同時に、一方的な見方をしていた自分を大変反省しました。

     

    そんな多様性が日常の娘たちは、個性を個性として受け入れ、差別や批判など一切なく、当たり前に過ごしていました。また、それぞれの違いの中での自分、日本人としての自分を、子供なりに確立していっているようにも見受けられました。

     

    ご法話に「外に向いた目を自分の心の内側に向けると違いが受け入れやすくなる」とありましたが、子どもたちは自然とそうしていたのかもしれません。違いを認め合うそんな子供たちの通う学校は、学年・男女の別なくみんな本当に仲良しで、とても楽しそうでした。そんな姿を見ていると、世界平和も夢じゃないと本気で思います。会長先生のおっしゃる「宇宙の真理は一相一味」。私も子供を見習って、できる精一杯をさせて頂きたいと思います。

     

     最後に、「違いがあるからこそ世界があるって、どうしてそう思うの?」と娘に尋ねると、「だって違いがあるから、お互い助け合えるんじゃん?」という言葉が返って来ました。

     

    合掌
    宇治支部 文書布教担当 笹川和代
    【佼成9月号はこちらからご覧頂けます】
    【朗読版はこちら

     


    戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日

    0

        

       戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日の式典が8月15日、教会法座席で開催され、帰省中の会員も含め、多くの会員が参拝しました。式典は奉献の儀、読経供養、体験説法と続きました。
      佐藤教会長はお言葉の中で、若い人が見て、聞いて、学んだことを、子々孫々にわたって語り伝えていくことが大切で、青年の皆さんがかつての戦争場所に行って体験することは、見聞触知皆菩提に近づくことだと述べました。
      また、ある方がお供えに持ってきたものが、おさがりの際に戻ってきた体験から、お供えすることの意義に触れ、お供えするとは自分から離れることであり、ご供養もあがって、会長先生から頂いたものだと感謝して頂くことが大切だと述べました。
      最後に、良い事をしたなら、忘れるという砂をかけられる、そういう菩薩になっていきたいと精進を促し結ばれました。


      平安月報8月号

      0

        平安月報8月号が出来ました。
        今月は
        1面:壮年総会
        2面:今月のことば、祇園祭ごみゼロ大作戦2019
        3面:壮年団参、祇園祭曳き手ボランティア
        4面:庭野開祖の法話より の構成になっています。
        ぜひご覧になって下さい。→こちら


        8月の言葉

        0

          〜自分の宝を輝かせる〜
           

          「今月のことば」を担当させて頂きます、亀岡支部主任の菱田順子です。

          この度、原稿を書かせて頂くお役を頂き、自分の宝とは何かを探究しながら書いております。


          拝読いたしますと、自分の宝を輝かせるには、まず人と比べる見方をしないこと。仮に比べる見方をして劣等感を抱いたとしても、無益な憎しみに発展せず、自らを成長させるバネにしていけば劣等感も向上心に変わる大事な感情であることがわかりました。オリンピックの選手はこのバネにしていく気持ちの切り替えがとても上手だと聞いたことがあります。
           

          また以前に家庭教育で教えて頂いた「他人の子や兄弟と比べない。比べてよいのは昨日の我が子と今日の我が子」という言葉を思い出しました。その事は子育てだけではなく、私達大人の成長にも同じ事が言えるのではないでしょうか。開祖さまの「苦難に立たされた時、いよいよおもしろくなってきた」というお言葉にも通じるものがあると思います。


          それでは、どのようにして自分の宝を見つけ、輝かせていけばよいのでしょうか?
          後段での自らの宝に気づいて喜ぶだけではなく、まだそのことを知らない人に自分の気づきを伝えて、その人の宝を照らすふれあいをしていくと、自分の仏性がよりいっそう輝く、と教えて頂いています。
          この一節を拝読して、思えば私もそのようにふれあって頂き、今日があると感謝の念が沸きました。子供の頃からどれだけ多くの方がふれあって下さり私を育てて頂いたのか。自分の宝を見つけるには僧伽の仲間が必要です。自分一人では輝くことはできません。

           

          私が主任のお役を拝命した日の2018年のご親教の中で、あらゆる出来事を自分事として捉えていくと豊かな人生が待っている、と教えて頂きました。
           

          またその年に発表された基本構想では、惜しみなくつながることをお示し下さいました。私は主任のお役を通して あらゆるご縁を自分事として取り組み、惜しみなくつながっていくことを決意いたしました。
          おかげさまで組長さんはじめ次々とたくさんの方とのつながりを頂き、出会いから学び、悩み、深めていき、私の人生に大きな喜びと輝きを与えて下さっています。

           

          6月2日の京都教会60周年においては、子や孫の参加のおかげさまで親御さんや祖父母の参加につながり、他府県から参加して下さったご家族もありました。そのおかげで最後には私の義母も初めて教会とつながるお手配を頂きました。
          60周年では家族ぐるみで参加して頂いた地区の会員さんお一人お一人をお迎えすることができ、嬉しい瞬間でした。

           

          その時のことを会計さんより「今回、受付がなかったことで、主任さんが意識をもって自分の地区の会員をお出迎えされていた姿が素晴らしかった」とふり返って下さいました。
          多くの方とつながることができたおかげさまで、私にも輝ける瞬間(とき)を頂けたのだと思いました。相手がいるおかげさまです。

           

           また自分の宝(=仏性)を輝かせることは、親孝行であり、先祖供養にもつながります。他と比べて卑屈になることなく、自信をもって自分の宝を輝かせていきたいものです。
           

           今年の私の目標の一字は「讃」です。相手のよい所(仏性)を見つけて讃えていける私にならせて頂きたいです。そしてお互いに輝けるご縁にならせて頂くことを目指してこれからも惜しみなくつながっていくことを私の宝とし日々精進してまいります。
          ありがとうございました。

           

          合掌
          亀岡支部主任 菱田順子
          【佼成8月号はこちらからご覧頂けます】
          【朗読版はこちら

           


          京都明社 祇園祭ごみゼロ大作戦2019に参加

          0

              

             京都明るい社会づくり運動協議会は宵々山、宵山にあたる7月15、16日に祇園祭ごみゼロ大作戦2019(主催:京都市)に参加し、清掃ボランティアを行いました。2日間にのべ約30人が、四条烏丸付近を中心にゴミを拾い、歩き回りました。
             数年前から繰り返し洗って再使用出来るリユース食器が導入されているものの、串や割り箸など分別が必要なものもあり、清掃開始前に事務局から説明がありました。
             歩行者天国になった繁華街で道端に落ちているゴミを拾ったり、若者に食べ終わった食器はないかと声をかけ、コミュニケーションをとりながら集めた後は、ゴミステーションに持ち寄るという作業を約2時間続けると、大変多くのゴミ回収ができ、美しい祇園祭の一助となりました。


            祇園祭 曳き手・舁き手ボランティア

            0

               

               7月17日、八坂神社の祭礼である祇園祭の前祭(さきまつり)において、京都教会青年部と新宗連青年部が放下鉾と孟宗山の曳き手・舁き手となりボランティアを行いました。両青年部が混成しながら2つの山鉾を担当することで交流を深めることが出来ました。
               祇園祭は貞観11年(869年)に始まったとされ、今年で創始1,150年の節目。昭和41年(1966年)に前祭・後祭の合同巡行になりましたが、平成26年(2014年)に前祭・後祭の巡行が復活しました。


              壮年総会「でけへんは、いわヘン」

              0

                   

                  

                 壮年総会が6月29〜30日、近畿の各教会で受け入れを実施、京都教会でも6教区28教会の壮年が集合しました。
                 

                29日の大阪教会での開式をインターネット配信により教会法座席で拝見。別会場にも関わらず一体感を感じることが出来ました。


                大阪教会の大江さん親子、岡山教会の岸本さんの説法の後、庭野光珍塲本部長が登壇。「世界中の異なる宗教の方々とお会いすると、その宗教に染まってしまうように思いますが、私の場合は、より仏教徒になっていくことを感じる」と自身の近況を報告されました。


                その後、京都教会では28教会混成の29班に分かれ、各支部の手どりにまわりました。
                教会帰着後は食堂において懇親会を開催し、手どりの報告や各教会活動の実態など、情報交換を行いました。

                 

                 30日は京都散策をしたのち、大阪教会へ移動。京都教会に残り中継映像にて参加する壮年部員は「にぎわい総会」の模様を拝見しました。

                 

                 光弔気泙呂言葉の中で、開祖さまのやくしんでのご法話を紹介。法華経は現実生活を離れることなく、すべてを善に変えることが出来ること、個人の能力を最大限に発揮すればすべてが調和すること、法華経を得た人は社会が救われなければ自分も救われないと知っていること、自身の人格完成は利他行によって完成することだと述べられました。

                また人を動かすには、/仰の力、感情の力、B減澆領蓮↓い△蠅箸△蕕罎覺愀犬領呂伐鮴癲∩塲総会の返事は「YES」か「はい」と話し、壮年部員の今後の布教に期待を寄せ締めくくられました。
                 


                平安月報7月号

                0

                  平安月報7月号が出来ました。
                  今月は
                  1面:京都教会発足60周年記念式典
                  2面:今月のことば、山鉾巡行曳き手ボランティアオリエンテーション
                  3面:新宗連京都府協議会学習会、明社清掃ハイキング
                  4面:庭野開祖の法話より の構成になっています。
                  ぜひご覧になって下さい。→こちら


                  7月の言葉

                  0

                    〜自由自在に生きる〜

                     

                    日々ありがとうございます。西京支部壮年部長の有馬規之です。

                     

                     今月は会長先生より「自由自在に生きる」とのご法話を頂いております。今の私にとって自由自在に生きることができたら、どれほど楽かと思います。
                     

                     実は今、私は教会活動をすべてお休みさせて頂いています。支部壮年部長のお役を拝命し4年半になりますが、この5月より鬱(うつ)が特にひどくなり教会活動に参加できなくなってしまいました。10日に一回、仕事もそこそこに切り上げての宿直。宿直者のお手取り、最尊最上であるはずのご本部聖壇のお役、先日の60周年記念式典のお手どり…。


                    人さまに幸せになって頂くためのお手どりがいつの間にか人数集めの手段に。ありがたいはずの種々の活動が、こなさなければならないお仕事に。元々、鬱の因子をもっている私は行事が重なってくると、ありがたいはずのお役が重荷で苦痛そのものになり、何も手につかなくなってしまいました。
                     

                    会長先生は前段で「自由自在」とは欲にとらわれたり、自分の考えにこだわったりするこころがすっかりなくなり、なにものにもとらわれないこころのありようのこととご指導下さっています。そして人さまを思いやり、人さまとともに向上を目指す生き方の中にほんとうの「自由」があり、「自在」があると教えて下さっています。
                     

                    どうしてありがたいはずのお役が重荷になってしまったのでしょう?私はいつも自分が何とかしなければならない!宿直は人数を確保のため最大限の努力を払わなければならない!与えられた責任は果たさねばならない!・・・こうあらねばならい、こうあるべき、という気持ちに支配されています。
                     

                    支部の方々、副部長さん方から「有馬さんは一生懸命なところはすばらしいところだけど、形にはめずにもっと自由にやってみはってもええのとちゃいますか」とよく教えて頂きます。色んな方に協力をもっとお願いしてみたらどうか。ええ(良い)加減ぐらいがちょうどええのとちゃいますかとも。


                     後段のご法話では仏さまは「智慧の楽」を与えて、ほんとうに自由自在人生を送らせてあげたいと願って下さっていて、それには苦悩を自他の向上につながる楽しみや喜びとして受け止めることと教えて頂きました。
                     

                    多少のしんどいことがあっても、宿直の人数が足りなくても、行事が目白押しにあっても、それを苦しみと受け止めずに、教会のサンガの皆さま、支部の皆さまと楽しく前向きに取り組める自分になることだと思います。苦悩があるからこそ「前向きにとらえる自由」も与えられていると教えて頂きました。
                     

                     お休みをいただいている今、妻のありがたさが身に染みます。会話も格段に増えました。副部長さんからは「仏さまから今はゆっくり休む時間を頂いているんやと思いますよ」との温かいお言葉。皆様の温かさが心に染み入ります。
                     

                    今お休みを頂いていることは自分がもっと楽に生きられる、自由自在な自分になれるための準備のための貴重な時間を仏さまから与えて頂いているのかもわかりません。
                     

                     会長先生から最後に「おにぎり」の問いを頂いています。私はみんなで等分して分け合うべきという考え方一辺倒でした。しかし、わずか2/5個のおにぎりを事務的に分配されても自分も含めみんな満足できなかったかもわかりません。
                     

                    仏さまの願いからすると、等分にこだわる必要もないのかもわかりません。一番おなかがすいている人に2個ともおいしく食べて頂き、他の方には譲った満足感を味わって頂くことも有りかもわかりませんし、場合によっては、自分がありがたく頂いて、元気になることで感謝の気持ちを皆様にお返しするということもありかもわかりません。
                     

                    活動に復帰できたときには困難があっても、仏さまと一体の大調和の中で生かされていて、今こそチャンスと柔軟にとらえることができ、皆様に悦びと幸せを味わって頂けるようなはたらきができる自分になりたいです。

                     

                    合掌
                    西京支部壮年部長 有馬規之
                    【佼成7月号はこちらからご覧頂けます】
                    【朗読版はこちら

                     


                    ユース21京都通常総会

                    0

                       

                       ユース21京都は6月25日、通常総会を三条柳馬場の京都YMCAにおいて開催し、各加盟団体の代表が参加しました。京都教会青年部からも2名が出席しました。
                       平成30年度の事業報告、決算報告や平成31年度の事業計画、予算計画を審議。次年がユース21京都設立20周年になることから、記念式典の開催予定が発表されました。
                       また役員の非改正年度ですが、京都YMCAの久保田氏が転勤による異動により、コミュティーネットワーク責任担当の永井氏が専務理事を兼任することになりました。
                       総会後は場所を変え、懇親会を開催、親睦を深めました。



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << November 2019 >>

                      links

                      スマホ版へ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:697 最後に更新した日:2019/11/08

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM