12月の言葉

0

    〜「型」を身につける〜

    師走を迎えました。「光陰矢の如し」といわれます。一日一日を大切に過ごして参りたいと思います。
    さて、機関誌『佼成』12月号では、会長先生から、「『型』を身につける」というご法話をいただきました。
    冒頭において、「柔道や剣道などのスポーツ、また芸術や芸能の道で、手本となる体勢や動作のことを『型』といいます」とお話しくださっています。さらに日常生活における身近な「型」として、約束の時間を守る、朝、家族に「おはよう」の挨拶をする、はきものをそろえる、呼ばれたら「はい」の返事をするというものがあると教えてくださっています。また、立正佼成会においては、合掌・礼拝、朝夕の読経供養、法座、「まず人さま」の実践も大切な「型」であるとご指導いただきました。これらのことを真心込めて繰り返すことで、思いやりや慈悲の心で生きることが叶うものと私は受けとめました。
    先月21日の朝のことでした。近畿支教区の教会長会議が福知山教会で開催され、前日から福知山市の温泉宿に泊まらせていただき、翌朝もお風呂に入らせていただきました。丁度、舞鶴教会の野田頭正浩・教会長さんとご一緒にお風呂場から出たそのとき、野田頭教会長さんが、「ああ、いい湯だ!」と感嘆の声を発せられたのでした。入浴後によく聞かれる一言ではありますが、こういう言葉は思いやりの心がなければ出てこないものだと思いました。温泉に対する有り難うという感謝の心、いい湯加減であったと…まさに「型」が身についていらっしゃるのだと思いました。そもそも、温泉に入るということは、身体を温めると同時に、心も温めるのが本当の入り方なのではないかと、気づかせていただいた次第です。
    今、この原稿を作成している東海道新幹線の車内での「今日も、新幹線をご利用くださいまして、有り難うございます」という女性のアナウンスが流れています。これなども、決まり文句で、何年も変わっていないようです。しかし、常套句であっても落ち着いた、優しいお声で、決まったタイミングでご案内くださるからこそ乗客も安心していられるのだと思います。やはり、「型」はすごく大事だと実感しています。
    本部・大聖堂の式典を、時間を重視する点から見ますと、式次第という「型」が整っているように思います。奉献の儀の後、読経供養、体験説法、ご法話やご講話という「型」ができています。この「型」があるお陰で、式典が流れるように進行し、荘厳さを保ちつつ、ご法の悦びを味わえるのです。また、空間を重視点から見ますと、何といっても会長先生からご法話を頂戴するとき、必ず本部に参拝されている教会、そして、大聖堂当番、聖壇当番、交通係としてご奉仕くださっているお役の方々をご紹介いただきます。このことにより、ご本仏さまの御前で、お師匠さまのお慈悲を有難く感じ、且つ同信の仲間との一体感を醸し出して頂けます。会長先生の「型」のお蔭さまです。

    今月は平成29年の締めくくりの月です。「ああ、いい一年だった」と感謝の言葉を発して新年をお迎えしたいと存じます。

    合掌
    京都教会長 佐藤益弘
    【佼成12月号はこちらからご覧頂けます】
    【朗読版はこちら


    明社クリーンハイキング

    0

        

       11月26日、京都明社クリーンハイキングが嵐山で行われ、56名の参加がありました。恵まれた晴天のもと、トロッコ嵯峨駅に集合後、各地区明社で班を編成し、嵐電嵯峨駅→嵐電嵐山駅→渡月橋北詰→時雨殿→天龍寺→野々宮神社→竹の路を通り、亀山公園までの約1時間ゴミを拾いながら歩きました。全国的にも有名な場所のため、多くの観光客で賑わっており、道中は英語や中国語など様々な言語が聞かれました。


      七五三式典

      0

           

         11月12日、七五三式典が法座席で行われ、対象となる41名の少年部員をはじめ、ご家族や支部の会員さんなど多くの参拝者がありました。
         読経供養の導師に壮年部長が、鐘、木柾、太鼓は少年部員、青年部員が務めました。
        戸田教務部長は佐藤教会長から頂いたお言葉の中から、七五三の行事は死亡率が高かった時代に三才、五才、七才まで育ってくれたことに感謝したことに始まると解説。命があることに感謝し、また手足が動いたり、話すことができたり、すべてに感謝出来ることが大切ですと述べました。その後、七五三参加者を聖壇上で支部ごとに紹介すると、会場からは温かい拍手が送られました。最後に各支部長さんから千歳飴の授与があり、もらった子供たちは笑顔であふれました。
         式典後はユニセフ募金に頑張ってくれた少年部員にメダル授与を行い、また青壮年部を中心に纏、万灯披露を行い七五三式典に華を咲かせました。


        法座席照明点灯式

        0

           

           11月1日、ご命日式典の前に法座席照明点灯式が行われました。約1ヶ月間、照明をLED化するための工事が行われ、この日、無事終了したことをうけ、ご命日式典に臨む会員さんが参加しました。
          点灯スイッチを佐藤教会長さんはじめ、管理主任、防災センター職員のほか、支部長、壮年部、青年部、会員代表らが押すと今まで以上の明るさで法座席を照らし出し、歓声と共に大きな拍手に包まれました。佐藤教会長さんからは今まで1208本(成道会と同じ数字)の蛍光管から594本のLED管になり、ご供養(594)をさらにしっかりさせて頂こうということだと受け止めましたとお言葉を頂きました。

           


          平安月報11月号

          0

            平安月報11月号が出来ました。
            今月は
            1面:第14回奈良県宗教者フォーラム
            2面:今月のことば、近畿支教区青年の集い
            3面:京都教会分別リサイクル活動優良事業所に、北朝鮮情勢に対する本会の見解
            4面:宗教から見た平和「現代世界と平和」 の構成になっています。 
            ぜひご覧になって下さい。→こちら


            11月の言葉

            0

              〜「親孝行と菩薩行」〜

              11月は、洛叡支部学生部の長澤克拡が担当させて頂きます。よろしくお願い致します。
              今月の会長先生のご法話は『親孝行と菩薩行』ということで、私はいくつか感じることがありました。
              まず、『親孝行に「手遅れ」なし』という所ですが、私は親孝行といっても大なり小なり様々なことがあり、一概にこれが親孝行であるという正解が存在しないように感じました。
              一人ひとりが考える親孝行の度合いは変わってくると思います。両親より長生きをすると親孝行、両親よりも先に亡くなれば親不孝であると考えてしまいがちですが、私は決してそのようなことはないと思いました。
              それよりも、自分自身が生きている間にどれだけの親孝行ができていたのかが重要だと感じました。今の両親のもとに生まれてきて本当に良かったと思っていますし、人間としてこの世に生まれてきたこと、尚且つ日本というとても平和な国に生まれてきたことが奇跡だと感じています。
              そしてそれは、ご先祖様がいなければ今の自分も存在していない。それを思うと、今まであまり考えずにしていたご供養や仏壇に手を合わせること、お墓参りをすることは非常に大切なことであると気づきました。
              次に、『孝は百行の本』という所で、「親孝行も先祖供養も菩薩行も、すべてに共通するのはいま命あることへの『感謝』」というところが心にとまりました。
              私は、大学生になるまでに様々なことがありました。当初は国公立の大学に進む予定でしたが、センター試験で失敗をして、国公立大学志望から私立大学志望へと路線を変更しました。しかし、私立大学の前期試験、中期試験を受験しましたがどちらも残念な結果に終わりました。このままでは後悔してしまうと思い、さらに勉強を重ね、後期試験に臨んだ結果、無事に現在通っている大学に合格することができました。
              合格した時は安堵した気持ちと、これから頑張るぞという強い意気込みがあったことを今でも覚えています。あれから4年が経ち、今年は就職活動の年でした。
              今年は売り手市場と言われ、完全に学生が優位な立場で就職活動を進めることができる年でしたが、誰もが一番働きたい所への就職を希望してしまうため、倍率が高く不合格になりがちです。でも、私は有難いことに、第一志望
              の会社に就職が決まりました。
              いま思えば、小学校・中学校も義務教育とはいえ、いつも温かく支えてくれて、いちばん私を応援してくれていたのは両親であることに、改めて気づかせて頂きました。両親が塾の高い費用を出して頂いたお陰さまで大学にも入ることが出来、そのお陰で私のなりたかった職業に就くことが出来たのです。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
              そして、今ある命も両親やご先祖さまのお陰さまですが、就職活動中に関わって頂いたすべての方々にも、感謝の気持ちを忘れてはいけないと思っています。
              来年からは社会人として仕事をしていきます。『孝は百行の本』という言葉を胸に、元気な姿で仕事をしていきたいと思います。
              両親、ご先祖さまに頂いたこの命を、輝かせていく為に精一杯頑張っていくと共に、一日一日を大切に健康で過ごしていきたいと思います。
              また、11月23日は私の22歳の誕生日です。勤労感謝の日ではありますが、お祝いされつつも、両親には、日々仕事や家事をして頂いていることに、より一層の感謝の気持ちを伝えさせて頂きたいと、思っています。

              合掌
              洛叡支部青年部 長澤克拡

              【佼成11月号はこちらからご覧頂けます】
              【朗読版はこちら

               


              近畿支教区青年の集い 〜萌芽〜

              0

                  

                   

                   

                 10月29日、大阪普門館において「平成29年度 近畿支教区青年の集い〜萌芽〜」が行われ、法座席いっぱいの青年が集結し、京都教会からも28名の参加がありました。

                 「笑顔あふれる平和な世界を目指し、信仰の芽を発見する」を目的に、近畿支教区でユニセフ募金額1000万円、一食を捧げる運動募金額2割増を目指して各教会で取り組んできました。開会式で実行委員長から目標達成の報告が発表されると会場からは大きな拍手が沸き起こりました。その後、11教会が事前に取り組んできたことをスクリーンで紹介。各支部に一食募金箱を配布したこと、観光名所で募金運動をしたこと、入部登録者に一軒一軒主任さんと同行修行をしたこと、独自のパンフレットを作成し支部に配布したこと、Tシャツを揃えて一体感を味わえたこと、学習会を開催したことなどが報告され、集まった募金の目録を宮島登美子大阪ユニセフ協会事務局長に贈呈しました。宮島事務局長は各教会の取り組みに感心するとともに、世界のことを思う皆さんの心が尊いと述べられ、今後の活動に期待を寄せられました。
                 その後、中村常務理事が登壇し、「信仰の芽を発見する」をテーマに講話がありました。「信仰の目標は感謝の気持ちをもつことだが、それは『ありがとう』と言えることだけではなく、日頃の当たり前にどれだけ気付けるかです」と述べられました。また本気で真心を込めて取り組むことの大切さを述べ、佼成会は30人足らずで創立した歴史を紹介。開祖さまに倣ってここに集結している青年一人ひとりが本気になることで、仏さまから応援して頂ける自分たちになりましょうと促されました。
                 最後に松本支教区長から、今回の大会にあたり光弔気泙離瓮奪察璽犬鯊綟鼻「行動すれば何かが動く。何も起きないようにするのではなく、何かを動かしましょう」と紹介されました。そして今回の大会も問題、課題、難題を乗り越えてきたことに触れ、佼成会の青年は何か持っていると述べるとともに、今日がゴールではなく今日からスタートしましょうと来年に向けた活動に期待を寄せられました。


                乙訓明社 芋掘りと小倉神社の清掃&BBQ

                0

                      

                   乙訓明社は10月8日(日)、芋掘りと小倉神社の清掃&BBQを実施しました。午前中の芋掘りには、明社非会員1名を含む19名が、午後からの小倉神社清掃とBBQには、明社非会員6名を含む28名が参加し、晴天の休日の一時、交流を深めました。


                  第14回奈良県宗教者フォーラム

                  0

                      

                     9月30日、奈良県橿原市の橿原神宮において「第14回奈良県宗教者フォーラム」(実行委主催)が開催され、県内外の宗教者、市民、立正佼成会奈良教会会員ら約350人が集まり、京都教会からも渉外部スタッフを中心に4名が参加しました。
                     はじめに拝殿において「平和祈願祭」が行われ、参加者は平和の祈りを捧げました。その後「神宮会館」に場所を移し、『日本のこころと宗教の役割 ―神話から歴史へ』をテーマに講演がありました。
                    石上神宮禰宜の森好央実行委員長の開会の挨拶後、久保田昌孝橿原神宮宮司の挨拶では、橿原神宮は神武天皇(第1代天皇)をお祀りしていることから、世界が戦争へ向かうのではないかという現在において奈良の地から平和を発信したいと世界平和を念願されました。
                     第1部は『勾玉(まがたま)と神話』と題し、菅谷文則同県立橿原考古学研究所所長が講演に立ちました。考古学の立場から「三種の神器」の一つである勾玉に着目して古墳群の出土品から研究を進めてきた経緯を語り、桜井市の芝遺跡から出土した子持勾玉や韓国南部のひすい製の勾玉などをスライドで紹介。勾玉の形状や用途にまつわる学説のほか、日本書紀や古事記の記述などを基に解説されました。
                     第2部は『人が神になる方法 ―信長・秀吉・家康の自己神格化計画』と題し、井沢元彦歴史研究家が講演を行いました。国内外の権力者を比較して「海外では誰でも皇帝や国王になれるが、日本では天皇との血筋が必要」と指摘するとともに、日本の天皇制が今日まで続いてきた経緯を説明。自己神格化を目指そうとした織田信長と、没後、天皇から東照大権現の神号をもらい、日光東照宮に祀(まつ)られた徳川家康を対比して、持論を述べられました。


                    平安月報10月号

                    0

                      平安月報10月号が出来ました。
                      今月は
                      1面:近畿ダーナ大聖堂参拝
                      2面:今月のことば、一食を捧げる運動
                      3面:第57回かめおかこころ塾、脇祖さま報恩会
                      4面:政治への取り組み の構成になっています。 
                      ぜひご覧になって下さい。→こちら



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>

                      links

                      スマホ版へ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:600 最後に更新した日:2018/02/09

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM