新宗連京都府協議会「年次委員会」を開催

0

     

     4月16日、新宗連京都府協議会は、立正佼成会京都普門館にて、平成31年度年次委員会を開催しました。
     

    平成30年度の事業及び決算報告を満場一致で承認し、平成31年度の事業計画及び予算案を審議しました。

    今年度の事業として、「教化活動研究会」を開催することが決まりました。これは、新宗連本部において、現代社会において人々に宗教心をいかに広めていくか検討されてきたことを、各府県協議会レベルで実施していこうというものです。
     

    新しい元号「令和」の時代を迎え、同協議会も新たな出発の年と位置づけて取り組んでいこうとしています。


    ダーナの日

    0

       

       4月21日、今年で4年目となるダーナの日は、それまでの交流法座ではなく6月の壮年総会を見据えた各支部の手取り修行の報告会となり、各支部壮年部長を中心に壮年部員が集合しました。


      壮年総会では全国から集合される壮年部員と共に手取り修行が企画されており、6月を迎えるまでに継続性を持って関わり合える関係づくりを目指し、支部ごと目標をもって行動し、善きサンガの仲間を増やしていくことが今回の目的に設定されました。

       

       開式後、佐藤教会長はお言葉の中で、今までは本部で行っていた壮年総会を今年は近畿11教会が分散して受け入れ、6月29日夕方から手取りに出かけると説明。世界の人口が約70億もある中で、ご法に触れておられない方がほとんど。こんな素晴らしい教えがあったのですかと言ってもらえる縁づくりに期待を寄せられました。

      川崎壮年部長は、ダーナ魂の冊子を用い、そもそも布教とはさまざまな問題に直面している方々に出向いて寄り添って仏の智慧をお伝えし、その人の人生を応援することだと解説。壮年総会に向けて支部での手取りの輪を広げて頂きたいと締めくくりました。

       


      第32回福知山お城まつりに参加

      0

          

         4月14日、第32回福知山お城まつりが福知山市内で行われ、福知山教会を中心に京都・滋賀・神戸教会の青年部65名が纏行進を行い、お祭りを盛り上げました。京都教会からも青少年9名が参加し、纏班でお祭りを支えました。
         

         福知山教会での結団式で本園教会長は「32年前から始まった歴史あるお祭りであり、それは福知山教会が発足する前から、地域に根差し支えてこられたもので、継続が大切です」と祭りを紹介。13日のパレードでは教会から84名が行進し、それは参加団体の中で最大数だと披露されました。

         

        そして釈尊の教えの一つ「縁起観」から「今日の65名は偶然ではなく必然に集合したもの。天候も偶然ではなく必然です」と説かれ、また、「纏行進をする中で仏さまの心になっていくことが大切であり、今回の参加を通して“学び”を得る中にご守護が頂ける」と心構えを述べられました。
         

         その後、発進地点に移動し行進出発。アーケード内及び広小路通りを纏を振り、大声を発しながら行進すると、雨天にもかかわらず沿道からの注目を集めました。
         

         行進後、福知山教会での手作りカレーによる食事会で、労をねぎらいながら交流を深め、来年のお城まつりでの再会を約束し合いました。


        花まつり

        0

            

           少年部を対象とした「花まつり」が4月7日、京都教会法座席で行われ、少年部30名が参加し、会員も多数参拝しました。
          開式後、クイズ形式による「お釈迦さまって何をしたの?」では子供たちにいろいろと問題を投げかけ、回答していく中でお釈迦さまに親しみを持って頂きました。「お釈迦さまの本名は?」の問いに「鹿蔵!」と答えた時は会場が大きな笑みと拍手に包まれ、それまで以上に温かな雰囲気になりました。

           

           その後、新一年生の紹介、讃嘆文唱和、灌仏と続き、佐藤教会長からお言葉を頂きました。
          佐藤教会長は昨年とは違った画期的なセミナーのような花まつり式典になったことに、実行委員に感謝しながら、お釈迦さまについてふれ、誰にも優しく、我慢強く、いつもニコニコされていて、人の好い所をほめることが得意だった方とお聞きしていると述べ、私たちもそのように見習いたいと参加者に精進を促しました。

           

          式典の最後にパプリカを全員で踊って閉式となりました。
          式典後は、三条通りにおいて甘茶かけを通行人に呼びかけ、お釈迦さまのお誕生をアピールしました。


          壮年部花見会

          0

              

             毎年恒例となった壮年部主催の花見会が3月31日、京都教会中庭で開催され、25名の参加がありました。

            あいにく庭の桜は開花しておらず、また時折吹く風が冷たく、一足早い雰囲気の花見となりましたが、参加者は食事をとりながら、和気あいあいと日頃の活動の情報交換を行いました。


            平安月報4月号

            0

              平安月報4月号が出来ました。
              今月は
              1面:教団創立81周年記念式典
              2面:今月のことば、新宗連 福幸(復興)の祈り
              3面:京都・祇園祭ボランティア21設立35周年式典、
                 天皇盃 第30回全国車いす駅伝競走大会2019
              4面:庭野開祖の法話より の構成になっています。
              ぜひご覧になって下さい。→こちら


              4月の言葉

              0

                〜香る風のような人に〜

                 

                「今月のことば」を担当させて頂きます、右京支部の大川曜代です。

                 

                 会長先生の「香る風のような人に」を読ませていただき、香る風のような人とはどんな人のことだろうと思いました。その人に出会うと何となく安心する人、出会いたくなる人、話したくなる人、温かい気持ちになる人かなと思いました。そんな人に私もたくさん出会ってきたように思います。
                 

                 その出会いの中心というか、始まりというか私の中には開祖さまがいます。今年、京都教会は60周年を迎えますが、この蹴上に京都教会が落慶の式典の際、開祖さま、会長先生がお見えになりました。
                私はエレベーターの中にいて参拝される方をご案内するお役を頂いていました。式典が始まる前もずっとエレベーターの中でしたので開祖さまにも会長先生にもお出会いできるはずもなく、そして私が担当していたエレベーターは普門館側でしたので来賓の方を笑顔でお迎えしていました。

                 

                 式典が終わった頃、お役の方が走ってこられ、エレベーターの中にいた私に「開祖さまと会長先生が来られますので、待っていて下さい」と言われました。そんな予定はなかったので、今から思うと開祖さまと会長先生は会員さんと触れ合おうと予定とは違う経路を歩いて来られたのかもしれません。
                 

                私は「ラッキー!」と思いエレベーターの中でまだかまだかと待っていると、なんだか温かい風が足元からふぁっと上がってきました。「あっ」と思った瞬間、開祖さまがお見えになったのです。
                そしてその後ろを会長先生が歩いてこられました。今でもはっきりと覚えていますが、お姿が見えていないのに開祖さまだとわかる温かい風でした。

                 

                 私が開祖さまのことが大好きだったからだけではないと思います。開祖さま、会長先生とエレベーターという密室でご一緒できたことは一生の思い出になるのだと思います。
                会長先生がそのエレベーターの中で私が履いていたブーツを「いいブーツだね、私もそんなブーツを履いて聖壇にあがってみたいな」とお声をかけて頂いたことも、その時は会長先生もそんなことをおっしゃるのかと今で言うギャップ萌え?していました。

                 

                 少し「香る風」とは違うかもしれませんが、時折その時のことを思い出し、法座の中などでお分けさせて頂いています。
                 

                 四月は仏さまのお誕生日月です。今の私があるのは仏さまがお悟りになった教えのおかげさまです。嬉しいことも、そうでないことも、教えに照らし合わせ、有り難いことを見つける心癖がついているように思います。
                 

                しんどいことを考えていてもしんどい時間が続くのでそれはあまり好きではありません。それよりも明るく、優しく、温かい人になるための自分の気付きを探していきたいです。
                 

                実の母と義理の母がそれを実践し、一番近くで私たち夫婦に教えてくれています。触れ合うたびに本当にすごい母達だなぁと尊敬します。
                これからも謙虚に、両親に感謝することを忘れないでいたいです。ありがとうございました。

                 

                合掌

                右京支部 大川曜代

                【佼成4月号はこちらからご覧頂けます】

                【朗読版はこちら

                 


                2019平和と幸せ 福幸(復興)の祈り

                0

                    

                   3月12日午後7時30分より、京都教会法座席において「2019平和と幸せ 福幸(復興)の祈り」(主催:新宗連京都府協議会青年部)が開催され、5教団の青年部35名、京都教会青年部から7名が集いました。
                   

                   教団別福幸(復興)の祈りでは天恩教・円応教・松緑神道大和山・パーフェクトリバティ―教団・立正佼成会が折鶴を奉納。

                   続いて認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者の鬼丸昌也氏が講演。東日本大震災では行政が機能しなくなったと報告し、災害時は行政があることが前提となっていることをあげ、その際に重要なのは宗教団体や企業など、人間関係を密にしている団体であると述べ、仲間や信者を助けられること、家族を助けられること、それらをもとに住民を助けられると、その役割に期待を寄せました。

                  またマザーテレサの「愛の反対は憎むことではない、無関心である」の言葉を紹介し、「無関心:関係ないことだと思う」「無感心:感じないこと」「無観心:観ることを止める」の3つの無い心を宗教青年からなくしていきましょうと訴え、自らの教えに自信を持って、伝え広めていくことが大切であり、関心を持つことの大切さを述べました。
                   

                   総括に立った当協議会青年担当委員の鉢呂金太郎氏は、実行委員が今日を迎えるまでに、仕事が終わってから企画を進めて頂いたことに触れ、こうした動きが8年間も続いてきたことに讃嘆。新宗連という教団を超えた繋がりやコミュニケーションの大切さを述べ、各教団での布教に期待を寄せられました。
                  終了後は近くのお好み焼き屋で親睦を深めました。


                  天皇盃 第30回全国車いす駅伝競走大会ボランティア

                  0

                       

                       

                     天皇盃 第30回全国車いす駅伝競走大会2019が3月10日、宝ヶ池の国立京都国際会館前をスタートし西京極陸上競技場までの5区間21.3キロで行われ、京都教会青年部も運営を陰で支えました。
                    本大会は30回目の節目を迎えるとともに、天皇陛下御在位三十年記念で優勝チームには天皇盃を賜る記念大会となりました。

                     

                     今年は全国27都道府県から26チームが参加。選手やチームスタッフは前日の9日から自家用車や新幹線などで宝ヶ池プリンスホテルに集合されます。青年部は9〜10日の2日間でのべ29名のボランティアで受け入れを行いました。

                    9日は国際会館の駐車場で誘導案内を行いました。10日は午前中、西京極陸上競技場で常用車いすの運搬作業、午後からは再び国際会館駐車場に移動し、西京極陸上競技場からバス移動された選手の降車介助などを行い、帰路につかれる選手を見送りました。


                    京都・祇園祭ボランティア21 設立35周年

                    0

                        

                       京都・祇園祭ボランティア21は3月9日、今年、設立35周年を迎えたことを記念し、八坂神社常盤新殿において記念行事を行い、京都教会青年部からも代表者2名が参加しました。
                       

                       開式後、(公財)船鉾保存会の囃子方によるオープニング演奏に始まり、祝辞、来賓挨拶、活動沿革の紹介、各加盟団体の紹介と続き、終始和やかな雰囲気のもと行われました。
                       

                       当ボランティアの西川会長は、発足当時250名程度のボランティアが、現在では約600名になり、給水補給や沿道整備など運営全般にまで携われるようになってきたと披露。ひとえに山鉾連合会はじめ、ご町内の皆さまのご指導のお陰さまと感謝しました。

                      公益財団法人 祇園祭山鉾連合会の岸本理事長は、今年は1,150年目の祇園祭であることを紹介。ユネスコの無形文化遺産に登録されて10周年、新元号での初めての巡行になると披露。気を引き締めて取り組んでいきたいと決意を述べられました。

                       

                       八坂神社の森宮司は、35年間ボランティアに支えてこられたことに感謝されました。また、ボランティア自身が日頃、各職場で働いていることに触れ、ぜひ全国にもPRして頂きたいと述べるとともに、祇園祭への熱い思いを各加盟団体の皆さんとの懸け橋になってもらいたいと期待を寄せられました。



                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      links

                      スマホ版へ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:682 最後に更新した日:2019/08/05

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM