6月の言葉

0

    〜愚痴をいわない〜
     今月は、伏見支部 学生部の野村が担当をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
    今月の会長先生のご法話は「愚痴をいわない」です。
    会長先生は「愚痴」という熟語を用いて、不平不満を口にしがちな我々に、その原因となるものと、「真実の道理」を知ることで、愚痴をこぼしそうなときに智慧の心がそれを鎮めてくれる。と説かれています。
    僕は、今現在、大学4回生で就職活動の真っ最中です。ですが、ほとんど行動しないまま、ずるずると就職活動の良い時期を過ごしてしまいました。必死に活動をする意欲が湧かないと言い、筆記試験などの事前準備や、面接から逃げて、だらだらと過ごしていると、研究室の活動も疎かになり、怠惰に過ごしてしまっていたのです。
    当然、両親からは「就職活動もまともにしないでどうするつもりなんだ」とお叱りを受けました。そこでふと、会長先生のご法話を読ませていただいて、愚痴が多くなっていることに気が付きました。「怠い、面倒くさい、やる気が出ない」
    ご法話にある「言っても仕方がないこと」を言って、自分自身が間違ってはいないのだと、傲慢になっていることに気が付きました。ふと我に返ってみると、大学の授業をサボりがちになったり、遅刻が多くなったりと、怠惰に大学生活を過ごしてきた影響が出たのだと思います。
    しかし、これらのことに、僕は気づいてはいたのです。遅刻は良くないことだと。後々に影響が出てくるから普段から気を付けるべきだと言われ続けてきたことですし、自分に言い聞かせてきたことです。
    しかし、いつからか多少授業を休んでも単位はもらえるなら問題ないと、タカをくくってしまっていたのです。実際、説明会が午前中にある日に、寝坊をしてしまい、結局行かなかったこともありました。
    この大学生活でそれがどんどん蓄積され、心をも怠惰になり、愚痴をこぼすだけのものになってしまったのです。
    ご法話の一説には、『愚痴の対象が「自分に大切なことを教える仏の説法だった」と思えたとき智慧の心がはたいらいている』とあります。
    僕の場合、愚痴の対象はほとんど、両親や大学の教授でした。その存在は、全て僕のことを思い、「これは為にならないから」、「こうすれば力がつくから」と助けてくれる存在です。
    それはすなわち、『自分に大切なことを教えてくれる』存在なわけです。確かに僕は、それらの言葉を「面倒くさい」の一言で片づけ、愚痴を言い、無下にしてきました。
    この時の僕は、彼らを嫌な存在という認識をしてしまいました。しかし、今、ご法話を読ませていただいたお陰さまで、『愚痴の対象が「自分に大切なことを教える仏の説法だった」』と思えることができました。
    ですので、今まで無下にしてきた両親や大学の教授からいただいた思いを大事にして、これからの就職活動に臨みたいと思います。ありがとうございました。

    合掌
    伏見支部 学生部 野村 尚平

    【佼成6月号はこちらからご覧頂けます】
    【朗読版はこちら

     


    おかげさま

    0

      佼成5月号の「おかげさま」に掲載されました。

       

      〜ポスター〜

       夫(好市・71)に進行性核上性麻痺という難病が発覚したのは7年前です。脳内の神経細胞が減少するこの病は、歩行や眼球運動などの障害のほか、進行すると体が動かなくなります。夫は自宅療養を続けていましたが、四年前から寝たきりの入院生活をおくっています。
       おしゃべりで、人を楽しませることが好きだった夫が、いまでは言葉を発しなくなり、呼びかけに対しても少し首を傾けて反応する程度です。私にとっては生きてくれているだけで心の支えになっています。でも、建築士で職人気質だった夫が「こんな状態になってまで生きていたくない!」と思うのではないかと、複雑な気持ちでいました。
       今年の一月上旬、私は佼成会京都教会の宇治道場を参拝しました。そのとき、ふと佼成会のポスターが目にとまりました。そこには「生きてるだけで、金メダル」と書かれていたのです。
       その文字を見たとき、「お父さんも金メダルなんだ。どんな姿であっても、いま、命あることが尊いことなのだ」と心の底から感じました。
       翌日、私は入院中の夫のもとに行き、「お父さんは金メダルなんよ。ありがたいね」と耳元で伝えました。夫から何か応答があるわけではありません。けれど、命をいただいていることに感謝をしていこうと心が定まりました。
       一方的ではありますが、病をとおして夫との会話が増え、寄り添いたいという気持ちが強まりました。これからも、夫婦ですごせることに感謝し、夫とともに歩んでいきます。

      岩田かよ


      教師資格者教育

      0

         5月14日、教会法座席において教師・準教師者対象の教師資格者教育が行われ、約170名が本部儀式行事グループの川村主任さんから指導を頂きました。
         はじめに儀礼・儀式についてや日頃何気なく行っているご宝前での所作の意味を教えて頂きました。また「仏さまにお供えする気持ちが大切で要は真心だ」と述べられると参加者は大変納得した様子でした。心と形は車の両輪であって、心は形に現れ形は心を求める。そして心を大きくするには会長先生の年頭法話・ご親教や毎月のご法話をを自分のものにしていくことが大事だと教えて頂きました。
         研修後には活発な質疑応答が行われ、最後に佐藤教会長さんから模範的な信者となるように、そして有り難く、尊くなるようにお役を務めていきたいと結ばれました。
          


        平安月報5月号

        0

          平安月報5月号が出来ました。
          今月は
          1面:明るい社会づくり運動
          2面:今月のことば、蓮の植え替え
          3面:かめおかこころ塾、新宗連年次委員会、接遇チーム発会
          4面:「平和への道」より の構成になっています。 
          ぜひご覧になって下さい。→平安月報5月号


          蹴上のつつじ

          0

             京都教会のすぐ近くにある蹴上浄水場では、つつじが満開になっています。

            現在、一般公開中です。多くの方々が足を運んでおられました。
             

             

             


            5月の言葉

            0

              〜させていただく〜
               今月は、青年部右京支部男子部長の近藤が担当させて頂きます。どうぞ、よろしくお願い致します。

              5月の会長先生のご法話は『させていただく』です。
              私はこのタイトルを見た時、「あぁ、自分の課題だ」と思いました。
               私は支部の男子部長のお役を頂いていますので、青年部というより支部で活動させて頂く事が多く、夜勤の仕事をしている関係上、夜勤明けの朝に教会に来て、お役をさせて頂いたりする事が多いのですが、誰かに「○○をして下さい」と言われれば「はい」と素直に言えるのですが、自分から何かをお手伝いしたい時、手を差し伸べたい時に思うように動けないのです。
              教会の先輩方は何かと気がつき、ささっと手を差し伸べられるのを見て自分は一歩遅れてしまい固まってしまうのです。この時に一歩自ら進む事が出来たら私は信仰者としてもう一歩踏み出せるのにと思い、最近は仕事でも教会でも、先読みをするように心がけています。まだまだですが、少しずつでも先輩方に近づきたいと思い、実践させて頂いています。
               私は、『仏さまへの感謝』という所を読んで、自分には感謝が足りないなと思いました。私の母は、私が生まれる前から精神病を患い、妄想や幻聴に振り回され、ガラスや食器を割ったり、家の外にも十二分に聞こえる金切り声を毎日上げ、疲れては眠る。朝から深夜までずっとそれは続き、聞こえてくる幻聴に対していらつき、馬鹿とか、死んでしまえとか、四六時中幻聴と妄想に向かって怒鳴り散らす日々でした。私は小さい頃から母のそういった姿しか見えていなかったし、そうではないと分かってはいるのですが、自分に向けて怒鳴られているように感じる事も多く、とても心穏やかには居られない毎日でした。そんな母が数年に一度、精神科に入院した時にはどれだけ心休まった事か。思い出すのも書くのも嫌なのです。正直、母は嫌いですし関わりたくもありません。しかし自分の母なのです。生まれてからずっと罵詈雑言を浴び続け、私は何故生まれたのか、何を願われて生れたのか。自分の運命を憂い、自死を願った日々もありました。親が子供を作る行為は生まれてくる子供に対して何も保証してあげられない。非常に自分勝手な行為だと感じていました。
               しかし、20歳の時、京都教会で成人式を迎え、仲間に恵まれ教えを学び、常日頃から感謝の念や、させて頂くという事を学ばせて頂く中で、病気になる前の母の姿や、母の良かった所を探そうと思えるようになりました。母は数年前に通院時にコケて足首の骨を折り、体は治ったのですが、本人に歩く気力が無く、歩けなくなってしまい、老人向けの精神病棟に入院となりました。私の苦悩は消え、金切り声を聞くことも無くなり、心が落ち着つきました。そして落ち着いて物事を考えられるようになった時にようやく、生まれてからずっと、苦悩ばかりではなく幸せを感じられるような出来事もあった事や、今の落ち着いた生活が幸せだと感じるのはある意味で母のおかげ様なのだと思うようになりました。
               私の次のステップは入院中の母にお見舞いに行く事です。どうしても心のわだかまりが消えず、会いたくない気持ちが強くて行けないのですが、幸せを感じられる事、今生きている事に感謝して、乗り越えなければいけない課題なのだなと感じました。ですので、母の日までには一度お見舞いに行ってきます。ありがとうございました。

              合掌
              右京支部男子部長 近藤 直毅

              【佼成5月号はこちらからご覧頂けます】

              【朗読版はこちら


              第27回福祉バザール 〜宇治明るい社会づくり運動の会〜

              0

                 4月16日、好天に恵まれる中、第27回福祉バザールは宇治市総合福祉会館前において開催されました。宇治明るい社会づくり運動の会(宇治明社)が主催し、宇治市、宇治市社会福祉協議会、京都新聞、城南新報、洛南タイムスの後援と、宇治市内外から福祉団体や個人の方々の出店により、盛大に開催されました。

                これまでのバザールでは、宇治明社がほとんどのコーナーを担当していましたが、今回新たに参加した団体や個人の方々がありました。(明社以外の出店者=宇治川福祉の園[クッキー、焼きもの]、いくさ事業所[カレー、から揚げ]、ミナモトカフェ[クレープ]、北山さん[焼き菓子]、吉岡さん[アクセサリー]、清水さん[アクセサリー])

                収益金は全額宇治社会福祉協議会に寄付され、地域の福祉に役立てられます。宇治明社と地域の福祉に携わる人たちの交流の場にもなった今回の福祉バザール。今後ますます、福祉の輪が広がっていくことを期待したいものです。
                 

                 

                  

                 


                新宗連京都府協議会 平成29年度「年次委員会」

                0

                   4月13日、京都普門館において平成29年度新宗連京都府協議会「年次委員会」が開催されました。加盟教団から16名が参加し、平成28年度の事業報告・決算報告が行われ、平成29年度の事業計画が協議されました。
                  委員会に先立ち、7回忌にあたる東日本大震災の犠牲者のご冥福と復興、世界平和を祈願して黙とうが行われ、新宗連の歌「いのち輝く」と新宗連スローガンを唱和されました。続いて、新宗連協議会京都府協議会の佐藤益弘議長と新宗連大阪事務所の生田茂夫所長の挨拶がありました。
                  年次総会後、参加者は懇親会の会場に移動し、互いに親しく語り合い、楽しい時間を過ごしました。

                  総会風景01 


                  お花見清掃ハイキング

                  0

                     4月16日、伏見稲荷大社においてお花見清掃ハイキング(主催:明るい社会づくり運動京都連絡協議会、以下明社)が行われ、明社会員約50名が参加しました。
                    観光地の美化を進めようと企画され、各自が持ち寄ったゴミ袋を片手にゴミを拾いながらハイキングを行いました。朝の集合場所には国会議員も駆けつけて頂き、参加者に応援の掛け声をされていました。
                    有名な観光地であるにもかかわらず意外とゴミは少なく、また晴天に恵まれたこともあり結果的にはハイキングをメインに楽しんだ格好になりました。
                    昼食をとる場所からは京都市内が一望でき、その眺めの美しさに参加者は喜び溢れていました。
                    今後この清掃ハイキングは京都の観光地を中心に各地で行われる予定です。

                     

                     

                     


                    第55回かめおかこころ塾

                    0

                       4月8日、第55回かめおかこころ塾(主催:かめおか宗教懇話会)が亀岡市のガレリアかめおか研修室において開催され、懇話会加盟団体の会員約40名が参加しました。
                      今回は臨済宗妙心寺派東光寺先住職の宝積玄承師が「世界平和への祈り」という題目で講演されました。
                      1ヶ月間、バチカンとの交流を含め5か国との交流を行ってきたと報告があり、バチカン諸宗教対話評議会から日本仏教信者あてのメッセージも朗読されました。宗教者自身が争っていてはいけないという宝積師の信念から東西の交流を進めてこられました。過去にもヨハネパウロ2世は修道院に日本の禅宗の僧侶を招いて交流を進めてこられました。講演の最後に今年の8月4日に比叡山で行われる、宗教サミット30周年について触れ、「お互いさま、平和への道を歩もうではないか」と提唱され、会場からは拍手で包まれました。

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      << September 2017 >>

                      links

                      スマホ版へ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:577 最後に更新した日:2017/09/10

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM