かめおか宗教懇話会公開シンポジウム

0

     

       

     7月15日、大本本部のみろく会館にてかめおか宗教懇話会公開シンポジウムが行われ、加盟団体の会員をはじめ京都教会の会員や市民約120名が参加しました。またシンポジウムの開催前には同会総会も行われ、1年間の活動総括や今後の活動予定などが可決されました。
     今回の公開シンポジウムはテーマを「宗教協力から世界平和を」〜比叡山宗教サミットから30年〜とし、8月3,4日に行われる同サミットに向け、宗教を生かした世界平和のあり方を考えました。
    同会会長の宝積玄承師、延暦寺長臈(ちょうろう)の山田能裕師、天理大学長の永尾教昭師がパネラーとして意見を交わしました。
     宝積師は世界中の宗教者と対話してきたことを踏まえ、「国家や民族、文化などを巡って争いを繰り返すが『和』の精神を養うことが重要」と述べました。山田師は第1回の宗教サミットは日本国内よりも海外が注目していたと述懐。30周年を迎えるにあたり「グローバルな視点に立ち、相手の宗教を認め、違いを乗り越え、一つになることが求められている」と話されました。永尾師は天理教ヨーロッパ出張所所長を25年間赴任していた経験から「テロはキリスト文明圏とイスラム文明圏のぶつかり合いのように見えるがそうではなく、格差や差別への憤りが原因である」とし礼儀を重んじる日本人の精神性や日本宗教が世界の行司になれるのではないかとその役割に期待されました。
     最後に同会の佐藤益弘副会長が8月3,4日のサミット直前にこのようにお話しを賜れたことはありがたかったと感謝の意を述べ閉会しました。


    祇園祭ゴミ分別回収ボランティアに参加

    0

         

        

       7月15、16日の宵々・宵山に、京都明るい社会づくり運動は京都市が主催する「祇園祭ごみゼロ大作戦2017」に賛同し、延べ48名の会員が参加しました。

      所属する「美しい祇園祭をつくる会」本部(新町高辻)に集結後、2〜3名が組んでトングとゴミ袋を持ち、歩行者天国で賑わう烏丸通をはじめ周辺道路に移動してゴミ拾い・もらい歩きをしました。回収したゴミは固定ゴミステーションのゴミ箱に受け渡しながら、きれいな祇園祭の運営の一役を担いました。
      10年に亘る延べ2千余名のボランティア活動の結果、最近は全国のモデルとなるきれいな祭りとなってきています。


      盂蘭盆会式典

      0

         

         7月15日、京都教会法座席で盂蘭盆会式典が開催され、多くの会員が参拝しました。
        今年のテーマは「仕合せを味わう心 〜先祖供養と親孝行〜」。テーマに相応しく各支部代表による奉献の儀、読経供養、お説法に続き佐藤教会長さんのお言葉、最後に中島みゆきの「糸」を全員で合唱しました。
         佐藤教会長さんはお言葉の中で、12,295体のお戒名と1,848家の先祖代々があったことを報告。その読み上げに壮年部を中心に96名のお役者があったと述べ、大勢の方の協力で今回の式典が出来たと話されました。また説法者2名の内容にふれ、人生における苦しみ悩みのお陰で求道心が芽生えることや会社でのトラブルのお陰で人間的に大きく変われるきっかけを頂けたとかみしめられました。

        信仰すると幸せになるのではなく、仕合せとはどういうことかが分かってくると述べ、目の前の人に喜んで頂く菩薩行を促し結ばれました。


        滋賀教会・奈良教会・京都教会壮年部交流法座

        0

             

             

            

           7月9日、京都教会において滋賀教会・奈良教会・京都教会壮年部交流法座が行われ、3教会で64名の参加がありました。一部前泊者による朝6時のご供養や、全員集合後の9時、12時の聖壇お役者も混成チームで行い、交流を深めました。
          9時のご供養後は京都教会近郊の散策に出掛け、京都の壮年部員自らがガイドを行いました。みふき亭、粟田神社、知恩院、八坂神社、白川を約1時間かけて歩くコースで、ひと時京都の風情を味わいました。
          午後からは家庭教育受講中の京都教会の星さんから「男性のための家庭教育」という研修を受けました。研修の中で、壮年の役割は母親や奥さんが日常の経済的な苦しみを受けないように、そして精神的にも安定できるように務めることと話されました。
          最後に佐藤教会長さんから法華七諭はすべて父親が子供を教化していると解説され、しっかりと子供とふれて育てられるのは父親だと話されました。慈雲尊者の「やってみせ 言うて聞かせて させてみて ほめてやらねば 人はできぬぞ」の言葉は父親がやって見せることが大切で、このことは壮年部員さんとの関わりにも当てはまると示され、9月の近畿ダーナ大聖堂参拝に向けての精進を促されました。

           


          中央支部・宇治支部壮年交流会

          0

              

             

             7月2日、宇治支部法座所において中央支部・宇治支部壮年交流会が行われ17名の壮年部員が参加しました。
            第1部式典はご供養、川崎壮年部長挨拶、田中渉外部長の研修、法座が行われ、第2部懇親会では昼食を取りながら自己紹介をするなど交流を深めました。
            川崎壮年部長さんは挨拶の中で、法座所は宇治支部のためだけにあるのではなく、京都の会員さんのためにあるので活用して頂きたいと話されました。また私たちは「ご法」という共通の繋がりがあり、会社ではあり得ないもので、お互い学ぶ仲間として高まっていきたいと抱負を述べられました。
            田中渉外部長さんの研修では開祖さまの一乗説法のDVDを拝見した後、4月に亡くなられた母親の信仰姿勢に学んだ体験を披露し、子孫のために大盤石のレールを引くことの大切さと人さまに教えをお伝えすることが自分の家が救われる近道と述べ、9月の壮年団参に多くの皆さんと共に行かせて頂きたいと手取りの推進を誓い、結ばれました。


            平安月報7月号

            0

              お陰さまで

              平安月報7月号が出来ました。
              今月は
              1面:第56回かめおかこころ塾
              2面:今月のことば、祇園祭山鉾巡行曳き手青年ボランティアオリエンテーション
              3面:明社総会、地区明社活動
              4面:「平和への道」より の構成になっています。 
              ぜひご覧になって下さい。→こちら

               


              7月の言葉

              0

                〜相手を認め、讃える〜

                今月は、教会学生部長(右京支部)の石川が担当をさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。
                7月号のテーマは「相手を認め、讃える」です。「いのち」を讃嘆する、「仏・菩薩の徳をほめ讃えること」、相手の「いのち」を讃嘆すること…、これらは私にはまだまだ難しいことでありました。
                私にとって理解しやすかったのは、その後にある「ノウハウや言葉ではなく」というサブテーマです。保育の道を目指す私は様々な施設へ実習に行き、実際の現場で「ほめる」保育を見てきました。「相手をほめるというのは、自分の心を開くこと」、本当にその通りだと思います。ある実習生で自閉症の子供ばかりが集まった10人のクラスを担当したのですが、一人ひとりの個性は本当に様々で会話が出来ない子供や目も合わすことが難しい子供もいました。3歳児ということでまだまだ園生活には慣れていない為、「褒めること」を一番大切にし、叱ることはありません。その方針に沿って初日から実習に取り組む中で分かったことは、自分が心を開き褒めるからこそ、「すごいねぇ!」の一言がその子供にちゃんと届くということです。1日目、2日目は子供も私自身も慣れていない為、褒めの言葉が届きにくかったのですが、一日一日を大切にして心を開いた関わりを持っていると、一人ひとりの子供が好きなこと嫌いなこと、何を楽しんでいるか、何が気に入らなくて泣いているのか、また何を怒っているのかが自然と分かるようになってきます。そこで「泣かないで」「ダメでしょ」と言っても子供には伝わりません。ではどうすれば良いのか。それは、その子供に合った環境、ダメと言われない環境を保育者が整えることが大切なのです。その子供を「一人の人間」として見ることで小さな成長も大きな成長も見え始めます。見守りながら、環境を整えていくと本当に心が開いた「すごいねぇ!出来たねぇ!(出来るようになったねぇ‼)」が自然と言える自分になり、それが子供にも伝わり、成功体験が次の成長に繋がっていくのです。「教えるほうも、教えられるほうも、ともに成長していくことの大切さ」を実際に体験し、その体験が自分の自信になっていることを改めて感じております。そこで繋がるのは会長法話の中にある、「相手のいのちを讃嘆すること」、そして「人を認めて讃えることも、じつは人のためではなく、自分を磨く実践の一つ」ではないかと思います。
                今回、会長法話を何度も何度も読ませて頂きましたが、読みながら自然と体験が当てはまり、テーマである「相手を認め、讃える」ということが少しずつ分かっていったような気がします。何気ない生活の中でも、相手を認め、讃えながら、自分も相手も成長していけることを心がけていける「一人の人間」になりたいと思います。

                合掌
                教会学生部長 石川ゆうか

                【佼成7月号はこちらからご覧頂けます】
                【朗読版はこちら

                 


                祇園祭山鉾巡行曳き手青年ボランティアオリエンテーション

                1

                  

                 今年の祇園祭山鉾巡行曳き手青年ボランティアオリエンテーション(主催:京都・祇園祭ボランティア21)が東山区の京都市立開松中学校で行われ、7月17日及び24日のボランティアに参加する青年約600名が集まり、京都教会青年部と新宗連青年部19名も参加しました。
                ボランティアに参加するにあたっての注意説明や鉾町別の打ち合わせを行い、リーダーを中心に巡行当日の確認を行いました。打ち合わせ後は全員で八坂神社に移動し、本殿でお祓いを受けました。


                水子供養

                0

                   

                   6月25日、京都教会法座席で水子供養式典が行われ、多くの会員が参拝しました。
                  今回は少年部員2名が司会を担当し、奉献の儀は夫婦各支部代表が行いました。その後、少年部による合唱で「かえるの歌」が披露されると、参拝者からはかわいいとの温かい拍手と声援が沸き起こりました。次に説法があり、最後に佐藤教会長さんからお言葉を頂きました。佐藤教会長さんは説法の内容に触れ、なかなか子供が授からなかったことは、娑婆世界に縁になることの難しさであると述べ、「人の生はくるが難く、教えに会うは難く、仏さまに会うは難く」との会長先生のご法話を紹介されました。また水子さんは私たちのご供養を御霊の立場でお聞きになっておられるとし、綺麗な心のままで霊界に行かれ、綺麗な心のまま私たちを見守って下さっているため、水子の祟りなどあり得ないと述べられました。最後に故山田恵諦座主のお話しから、ー分の最大の努力、⊆囲の協力がなければ成就しない、神仏のご加護、という仏教における三力(さんりき)を紹介され、まずは自らの努力が大切だと促されました。

                   


                  第56回かめおかこころ塾

                  0

                     

                     6月10日、亀岡市のガレリアかめおかにおいて第56回かめおかこころ塾(かめおか宗教懇話会主催)が開催され、大本の信者を中心に約40名が参加しました。
                    今回は矢野裕巳氏(大本本部国際部)が「中東混乱の原因は?」と題し、約2時間の講演を行いました。矢野氏は1999年12月3日に初めてイスラエルに行き、その後10回も訪れました。その間に当時のオルメルト市長とも懇談し、綾部市との提携に尽力されました。2003年の「綾部中東和平プロジェクト」以来、対立しているイスラエル・パレスチナの青年を日本に招く事業に関わってから、その後も中東に携わってこられました。
                    矢野氏は子供の頃の体験がいずれその国を形成する際には和平につながると確信し、今後もこの事業に期待を寄せられ講演を結ばれました。

                     



                    calendar

                    S M T W T F S
                       1234
                    567891011
                    12131415161718
                    19202122232425
                    2627282930  
                    << November 2017 >>

                    links

                    スマホ版へ

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    profile

                    書いた記事数:588 最後に更新した日:2017/11/12

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    powered

                    無料ブログ作成サービス JUGEM