近畿支教区青年の集い 〜萌芽〜

0

      

       

       

     10月29日、大阪普門館において「平成29年度 近畿支教区青年の集い〜萌芽〜」が行われ、法座席いっぱいの青年が集結し、京都教会からも28名の参加がありました。

     「笑顔あふれる平和な世界を目指し、信仰の芽を発見する」を目的に、近畿支教区でユニセフ募金額1000万円、一食を捧げる運動募金額2割増を目指して各教会で取り組んできました。開会式で実行委員長から目標達成の報告が発表されると会場からは大きな拍手が沸き起こりました。その後、11教会が事前に取り組んできたことをスクリーンで紹介。各支部に一食募金箱を配布したこと、観光名所で募金運動をしたこと、入部登録者に一軒一軒主任さんと同行修行をしたこと、独自のパンフレットを作成し支部に配布したこと、Tシャツを揃えて一体感を味わえたこと、学習会を開催したことなどが報告され、集まった募金の目録を宮島登美子大阪ユニセフ協会事務局長に贈呈しました。宮島事務局長は各教会の取り組みに感心するとともに、世界のことを思う皆さんの心が尊いと述べられ、今後の活動に期待を寄せられました。
     その後、中村常務理事が登壇し、「信仰の芽を発見する」をテーマに講話がありました。「信仰の目標は感謝の気持ちをもつことだが、それは『ありがとう』と言えることだけではなく、日頃の当たり前にどれだけ気付けるかです」と述べられました。また本気で真心を込めて取り組むことの大切さを述べ、佼成会は30人足らずで創立した歴史を紹介。開祖さまに倣ってここに集結している青年一人ひとりが本気になることで、仏さまから応援して頂ける自分たちになりましょうと促されました。
     最後に松本支教区長から、今回の大会にあたり光弔気泙離瓮奪察璽犬鯊綟鼻「行動すれば何かが動く。何も起きないようにするのではなく、何かを動かしましょう」と紹介されました。そして今回の大会も問題、課題、難題を乗り越えてきたことに触れ、佼成会の青年は何か持っていると述べるとともに、今日がゴールではなく今日からスタートしましょうと来年に向けた活動に期待を寄せられました。


    乙訓明社 芋掘りと小倉神社の清掃&BBQ

    0

          

       乙訓明社は10月8日(日)、芋掘りと小倉神社の清掃&BBQを実施しました。午前中の芋掘りには、明社非会員1名を含む19名が、午後からの小倉神社清掃とBBQには、明社非会員6名を含む28名が参加し、晴天の休日の一時、交流を深めました。


      第14回奈良県宗教者フォーラム

      0

          

         9月30日、奈良県橿原市の橿原神宮において「第14回奈良県宗教者フォーラム」(実行委主催)が開催され、県内外の宗教者、市民、立正佼成会奈良教会会員ら約350人が集まり、京都教会からも渉外部スタッフを中心に4名が参加しました。
         はじめに拝殿において「平和祈願祭」が行われ、参加者は平和の祈りを捧げました。その後「神宮会館」に場所を移し、『日本のこころと宗教の役割 ―神話から歴史へ』をテーマに講演がありました。
        石上神宮禰宜の森好央実行委員長の開会の挨拶後、久保田昌孝橿原神宮宮司の挨拶では、橿原神宮は神武天皇(第1代天皇)をお祀りしていることから、世界が戦争へ向かうのではないかという現在において奈良の地から平和を発信したいと世界平和を念願されました。
         第1部は『勾玉(まがたま)と神話』と題し、菅谷文則同県立橿原考古学研究所所長が講演に立ちました。考古学の立場から「三種の神器」の一つである勾玉に着目して古墳群の出土品から研究を進めてきた経緯を語り、桜井市の芝遺跡から出土した子持勾玉や韓国南部のひすい製の勾玉などをスライドで紹介。勾玉の形状や用途にまつわる学説のほか、日本書紀や古事記の記述などを基に解説されました。
         第2部は『人が神になる方法 ―信長・秀吉・家康の自己神格化計画』と題し、井沢元彦歴史研究家が講演を行いました。国内外の権力者を比較して「海外では誰でも皇帝や国王になれるが、日本では天皇との血筋が必要」と指摘するとともに、日本の天皇制が今日まで続いてきた経緯を説明。自己神格化を目指そうとした織田信長と、没後、天皇から東照大権現の神号をもらい、日光東照宮に祀(まつ)られた徳川家康を対比して、持論を述べられました。


        平安月報10月号

        0

          平安月報10月号が出来ました。
          今月は
          1面:近畿ダーナ大聖堂参拝
          2面:今月のことば、一食を捧げる運動
          3面:第57回かめおかこころ塾、脇祖さま報恩会
          4面:政治への取り組み の構成になっています。 
          ぜひご覧になって下さい。→こちら


          10月の言葉

          0

            〜「苦悩」と「苦労」〜

             今月は、亀岡支部の谷口が担当させて頂きます。
            今月の会長先生のご法話は“苦悩と苦労”です。苦悩や苦労で私の頭に一番に浮かんできたのは、私が職場(病院)で毎日会う患者さんでした。病院という場所は、明るく楽しい場所ではなく、苦しみ、悩み、不安を抱えている人が多くおられます。
            高齢の患者さんが多い中で、私と同年代の女性の患者さんがおられます。重症な事故で、生死をさまよいながらも、一命を取りとめた患者さんで、2歳の子供さんもおられます。毎日のようにお見舞いに来られるお母さん。初めての出会いから、彼女の回復のスピードには驚きでした。
            毎日のように訪床するようになり、はじめは食事が取れず鼻からチューブで栄養剤を入れました。初めてハンバーグが食べられた時は、感動でお見舞いに来られていたお母さんは泣いておられました。
            出来ることも増えてきました。言葉が出て来たり、字を書くこともできるようになり、初めて出会ったときとは、比べられない変化に嬉しい気持ちでいたのですが、毎日お見舞いに来られているお母さんの心境は複雑でした。
            お母さんとは、いつも楽しくお話をさせてもらい、食事の相談を受けたり、好物は何か?趣味や好きな音楽のことなど、私の知らない事故前の生活のことを聞くようにもなりました。出来ることが増え、嬉しいことだと喜んでいましたが、そのころから、お母さんや家族の方から悩みを聞くようになりました。
            生死をさまよっていた事故直後と比べると、嬉しいことばかりですが、どうしても事故前と比べてしまい気分は落ち込んでしまうそうです。医療スタッフとしては喜ぶべきであっても、家族の立場から見ると、現状は明るいばかりではなく、状態が変化していく中で悩みもまた変わっていくように感じます。
            闘病を続ける本人の心境は、どの様なものなのだろう…と、よく考えることがあります。長期間に渡る病院生活。一日中ベッドの上で何を考えているのだろう…と。
            以前、他の患者さんに普段は何を考えているのですか?と聞くと、「恥ずかしいから内緒」と言われました。とても明るいテンションで驚いてしまいました。苦しみや愚痴などを予想していたからです。
            今月のご法話の中の「たくさん悩んで苦労を重ねたことが、のちのちのその人の大きな心の財産になっている」という部分と重なりました。長く闘病され、私には想像もつかない苦悩の中で、それを乗り越えてこられた人たちばかりです。
            毎日のベッド訪問を楽しみにしてくれる患者さんやその家族。その気持ちに応えたい想いと、悩みや苦しみ、悲しみをぶつけられることの怖さに病棟に足が向かない時期もありましたが、それでも、今では私にとって1日の仕事の中で、一番充実した時間でもあり、楽しみな時間でもあります。
            今日は何を聞かせてもらえるのかな?また、今日はこの話がしたいなという日もあります。苦しみをぶつけられたときは、素直な気持ちで一緒に悲しめばいいし、言葉がでなければうなずくだけでいい、今はそう考えられるようになりました。
            自分に正直に患者さんに寄り添う気持ちを大切に、日々の仕事や生活の中で起こる、さまざまな悩み、苦しみを味わいながら、乗り越えていけたらと思っています。

            合掌
            亀岡支部婦人部長 谷口 記子

            【佼成10月号はこちらからご覧頂けます】
            【朗読版はこちら


            秋季彼岸会

            0

                

               9月24日、教会法座席において秋季彼岸会が行われ、多くの会員さんが参拝しました。
               式典はお孫さんと彼岸会の意義のナレーションで始まり、三世代による奉献の儀、DVD放映、読経供養、お説法、佐藤教会長さんお言葉と続きました。お説法では壮年部から2人の発表があり、1人は息子を亡くした体験や定年で仕事がなくなった寂しさを話され、その中でも近畿ダーナ大聖堂参拝に参加し質疑応答で感謝の発表をさせて頂いたこと、今後、壮年部長として仏さまの教えを布教し、導き、手取りに全力で励みたいと決意を述べられました。もう1人は妻の借金問題、佼成会への入会のきっかけを話され、サンガのありがたさや息子との10数年ぶりに再会出来た喜びを述べられ、これからも開祖さまの教えを実行していきたいと決意を発表されました。
               佐藤教会長さんはお言葉の中で、説法の内容にふれ、定年で仕事はなくなっても菩薩行が本業だと開祖さまから教えて頂いていること、物事は目に見えない存在の働きがあること、釈尊が行い・言葉使い・心の持ち方の大切さを説かれたことを述べられました。そして仏像の背中に金箔を貼るという例えから仏像の背中は見えないが、そこに金箔を貼ることで人目につかないところで徳を積むことを意味すると説明。善いことはどんどん人さまをお誘いすることが大切と布教精進を促されました。


              近畿ダーナ大聖堂参拝

              0

                  

                 
                 9月17〜18日、「近畿ダーナ大聖堂参拝〜さぁ行こう!!気づけば変わる、幸せへの旅」が本部法輪閣で行われ、近畿11教会から843名、京都教会から75名の参加がありました。
                 大聖堂での開式の辞で川端理事長さんからお言葉を頂き、開祖さまは法華経に出会われて心に響いた。自分も仏になれる、周りの人も仏になれる。仏になれる方法を法華経の中に見い出されたと説明。法華経は諸経の王であり、そのエキスは2番と16番。特に重要なのは如来寿量品第16で、仏はあらゆる人をその人その人に合った方便を使って、その人にとって最上の縁を与えて下さっている。あとは仏になれる、なろうと本気で思える自分になれるかと参加者へ投げかけられました。
                その後、第2団参会館に移動し交流法座に入り、健康、家庭、仕事、経済、信仰の5つテーマに分かれ、日頃の共通する悩みなどを打ち明けました。
                18日は法輪閣を会場に読経供養(真読:如来寿量品第16)、体験説法、講話、大法座がありました。
                講話は中村習学部長さんから習学とは日常生活に活かしていくこと、要は実践。自分は何を実践していくか。教えを頂いて気付いて実践する、そして人格が高まる。これが習学と説明がありました。その後、神戸教会の伊藤壮年部長さんの体験説法にふれ、女性が信仰を持っていて主人を教化するパターンはあるが主人が信仰を持っていて奥さんを教化するパターンは少ないと説明。そして説法を3つのポイントから説明されました。
                〔燭梁困機∈ここにいることの大事さ。
                教え(仏の見方)によって自分のものの見方が変わっていくこと。
                6甬Ε澄璽並臉仔音嫁劼忙蠅襪泙任僚す圓里△衒。
                その後の大法座では中村習学部長さんが法座主を務め、約1時間半の中、12名の質疑応答があり、交流法座での出来事、今回の大会に向けての手取り、佼成用語の意味、健康のこと、親子関係のこと、職場での会員宣言など時間一杯に熱心に発言され、中村習学部長さんは丁寧に回答され、仏の見方を示されました。
                 最後に馬籠教会長さんからお礼の挨拶があり、来年は教団創立80周年を迎え、近畿がそのリーダーでありたい。そのために感謝と菩薩道を歩む人間になることが急務。お互いさま、仏の見方に転換する智慧を身に付けていきたいと精進を促されました。
                 今回の参加者からは、「初めて開祖記念館に入り、創立者の意思に感動した」「家族のお陰で参加させて頂けた。有り難かった」「テーマ別法座では同じ悩みを持つ人どうし話しができ、色々アドバイスを頂けたことが有り難かった」など様々な感想がありました。


                第57回かめおかこころ塾

                0

                   

                   9月9日、ガレリアかめおかにおいて第57回かめおかこころ塾(主催:かめおか宗教懇話会)が開催され、加盟団体の会員が多数参加しました。
                   今回の講師は元立正佼成会理事・元立正佼成会京都教会長の青嶋久夫師が「こころの華を咲かせましょう 〜「あかるく・やさしく・あたたかく」をモットーに〜」の講題で約1時間半の講演を行いました。
                  青嶋師はこのかめおか宗教懇話会発会の歴史に触れ、多くの有名な先生方が集われたことの素晴らしさ、20年間もこうして活動が続けられてきたことの素晴らしさを讃えられました。そして、ものごとが起きるには必ず何か起きる「もと」があると説明。この宗教懇話会の精神性の高さには発会する理由があったはずで、その要因の一つに明治時代に「おほもと」が亀岡に立教されたこと、その活動が一宗教の枠にとどまらず人類愛善会や世界連邦を目指していること、エスペラント語の普及に努められていることや過去の宗教弾圧にも屈せず、平和の心を持つ人々を育て続けられてきたことが今日の懇話会を作り上げていると持論を展開されました。
                   また私たちは生かされているにも関わらず、自分自身の力で生きているという錯覚におちいっていると述べ、それは父母による生命誕生の瞬間からこの命は自分だという認識になっていることだと説明。その後、自分の五感の満足か不満足かの判断のまま生きてきたと、生きるという本能のまま生きているのが現状だと述べました。神仏(大生命)に生かされている自分を認識することの大切さを強調され、本来の人間らしい生き方を求道出来るのは、このこころ塾であると開催の意義を噛み砕いて説明されました。

                  1999年、中東のヨルダン・アンマンで第7回世界宗教者平和会議に参加したおり、キリストが十字架にかけられたというゴルゴダの丘に行ったことを披露し、キリストが十字架にはりつけられる直前、「神のみ心のままになしたまえ」と言ったことは「信仰の極致」であると説明し、私たちもそれぞれの教団の開祖の教えや精神に対してどこまで信念を持っているかを見つめ直しましょうと訴えられました。
                   最後に、蓮華の華は泥土を養分にして泥の上に綺麗な咲く花であると述べ、人はもともと人のために生きていこうという種を持っており、このこころ塾で仏のこころを頂いて、どんな人間に育つかが大切だと各自の精進を促し結ばれました。


                  平安月報9月号

                  0

                    平安月報9月号が出来ました。
                    今月は
                    1面:世界宗教者平和の祈りの集い
                    2面:今月のことば、戦争犠牲者慰霊・平和祈願の日
                    3面:ニコニコキッズお泊まり会、盂蘭盆会式典
                    4面:「平和への道」より の構成になっています。 
                    ぜひご覧になって下さい。→こちら


                    9月の言葉

                    0

                      〜人に「伝える」ということ〜
                      今月は、右京支部の野田が担当させて頂きます。
                      どうぞ宜しくお願い致します。今月の会長先生のご法話は“人に「伝える」ということ”です。
                      初めに、臨済宗の松原泰道師のお言葉で「法は人のために説くのではなく、自分のために説くのだ」とありますが、私は既にこの段階で衝撃が走りました。
                      私は高校時代から、音楽を通じて人に教える事や伝えるという体験をさせて頂いていました。その時の私は、相手に技術を覚えてほしい。しっかりと大切なことを伝えていきたいと思って関わってきましたが、ご法話を拝読させて頂くと、そうではなかったことに気付かされました。
                      確かに思い返してみると、相手に技術を伝える時は自分がわからない事には伝えられませんし、質問にも答えることができません。そして何より、相手に教えることで自分自身が基礎を学び直すことができ、教えるほどに自分の理解がより一層深まってきたのだと思います。
                      そして、教えている人にもっと成長してもらいたいと願うと、自分自身がもっと向上しなくてはならないという自覚に立ち、知識と技術を学んでいきました。
                      いま感じることは、「相手に教えることで自分に力がつき、自分を高めさせて頂いていたのだ」ということが分かりました。
                      また、演奏の練習の時にさんざん言われていたのが、「自分が楽しまなければ、お客さんも楽しめない」ということです。しかめっ面で演奏していても、見ているお客さんは不安になるばかりで、心の底から楽しめなくなってしまいます。
                      逆に、演奏がおぼつかなくても楽しむことを忘れなければ、見ているお客さんも楽しんでくれます。「相手に楽しんでもらうには、まず自分から」そのことも、先のお言葉と通じるものを感じました。
                      次に私は、会長先生のご法話の後半を拝読して、「素直に伝える」ことの大切さを学びました。再び演奏の話になりますが、素直に楽しんでいる演奏ほどお客さんは喜んでくれます。それは楽しむことで、自然な笑顔や柔らかい聞きやすい音が出てくるからです。
                      人はなかなかに繊細なもので、気持ちが入っているか入っていないかを敏感に感じるものです。逆に言えば素直な気持ちさえ伝えれば、ぎこちないものでも伝わります。それは言葉でも同様で、あまり深く考えすぎず、自分をさらけ出してありのままを伝えることも時には必要だと感じました。
                      そして会長先生は、“感謝ということは人間だけができること”と教えて下さっています。感謝を伝える方法は、様々だと思います。私は親のことをすぐに思い浮かべたのですが、親に対して率直に言葉で感謝を伝えるのもいいですし、孝行などの行動でもいいと思っています。ただそこに、素直な気持ちがあれば間違いなく伝わるのだと感じています。
                      今回、ご法話を読ませて頂いて思ったことは、「人に伝えるためには、人ではなく自分と向き合うこと。人に伝えるときは、素直な気持ちで伝えること」という事を気づかせて頂きました。
                      これからの生活の中で、感謝の気持ちを素直に言えるように心掛けていきます。ありがとうございました。

                      合掌
                      青年男子部 野田敦史

                      【佼成9月号はこちらからご覧頂けます】
                      【朗読版はこちら

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>

                      links

                      スマホ版へ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:614 最後に更新した日:2018/04/13

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM