京都明社 祇園祭ごみゼロ大作戦2019に参加

0

      

     京都明るい社会づくり運動協議会は宵々山、宵山にあたる7月15、16日に祇園祭ごみゼロ大作戦2019(主催:京都市)に参加し、清掃ボランティアを行いました。2日間にのべ約30人が、四条烏丸付近を中心にゴミを拾い、歩き回りました。
     数年前から繰り返し洗って再使用出来るリユース食器が導入されているものの、串や割り箸など分別が必要なものもあり、清掃開始前に事務局から説明がありました。
     歩行者天国になった繁華街で道端に落ちているゴミを拾ったり、若者に食べ終わった食器はないかと声をかけ、コミュニケーションをとりながら集めた後は、ゴミステーションに持ち寄るという作業を約2時間続けると、大変多くのゴミ回収ができ、美しい祇園祭の一助となりました。


    祇園祭 曳き手・舁き手ボランティア

    0

       

       7月17日、八坂神社の祭礼である祇園祭の前祭(さきまつり)において、京都教会青年部と新宗連青年部が放下鉾と孟宗山の曳き手・舁き手となりボランティアを行いました。両青年部が混成しながら2つの山鉾を担当することで交流を深めることが出来ました。
       祇園祭は貞観11年(869年)に始まったとされ、今年で創始1,150年の節目。昭和41年(1966年)に前祭・後祭の合同巡行になりましたが、平成26年(2014年)に前祭・後祭の巡行が復活しました。


      壮年総会「でけへんは、いわヘン」

      0

           

          

         壮年総会が6月29〜30日、近畿の各教会で受け入れを実施、京都教会でも6教区28教会の壮年が集合しました。
         

        29日の大阪教会での開式をインターネット配信により教会法座席で拝見。別会場にも関わらず一体感を感じることが出来ました。


        大阪教会の大江さん親子、岡山教会の岸本さんの説法の後、庭野光珍塲本部長が登壇。「世界中の異なる宗教の方々とお会いすると、その宗教に染まってしまうように思いますが、私の場合は、より仏教徒になっていくことを感じる」と自身の近況を報告されました。


        その後、京都教会では28教会混成の29班に分かれ、各支部の手どりにまわりました。
        教会帰着後は食堂において懇親会を開催し、手どりの報告や各教会活動の実態など、情報交換を行いました。

         

         30日は京都散策をしたのち、大阪教会へ移動。京都教会に残り中継映像にて参加する壮年部員は「にぎわい総会」の模様を拝見しました。

         

         光弔気泙呂言葉の中で、開祖さまのやくしんでのご法話を紹介。法華経は現実生活を離れることなく、すべてを善に変えることが出来ること、個人の能力を最大限に発揮すればすべてが調和すること、法華経を得た人は社会が救われなければ自分も救われないと知っていること、自身の人格完成は利他行によって完成することだと述べられました。

        また人を動かすには、/仰の力、感情の力、B減澆領蓮↓い△蠅箸△蕕罎覺愀犬領呂伐鮴癲∩塲総会の返事は「YES」か「はい」と話し、壮年部員の今後の布教に期待を寄せ締めくくられました。
         


        平安月報7月号

        0

          平安月報7月号が出来ました。
          今月は
          1面:京都教会発足60周年記念式典
          2面:今月のことば、山鉾巡行曳き手ボランティアオリエンテーション
          3面:新宗連京都府協議会学習会、明社清掃ハイキング
          4面:庭野開祖の法話より の構成になっています。
          ぜひご覧になって下さい。→こちら


          7月の言葉

          0

            〜自由自在に生きる〜

             

            日々ありがとうございます。西京支部壮年部長の有馬規之です。

             

             今月は会長先生より「自由自在に生きる」とのご法話を頂いております。今の私にとって自由自在に生きることができたら、どれほど楽かと思います。
             

             実は今、私は教会活動をすべてお休みさせて頂いています。支部壮年部長のお役を拝命し4年半になりますが、この5月より鬱(うつ)が特にひどくなり教会活動に参加できなくなってしまいました。10日に一回、仕事もそこそこに切り上げての宿直。宿直者のお手取り、最尊最上であるはずのご本部聖壇のお役、先日の60周年記念式典のお手どり…。


            人さまに幸せになって頂くためのお手どりがいつの間にか人数集めの手段に。ありがたいはずの種々の活動が、こなさなければならないお仕事に。元々、鬱の因子をもっている私は行事が重なってくると、ありがたいはずのお役が重荷で苦痛そのものになり、何も手につかなくなってしまいました。
             

            会長先生は前段で「自由自在」とは欲にとらわれたり、自分の考えにこだわったりするこころがすっかりなくなり、なにものにもとらわれないこころのありようのこととご指導下さっています。そして人さまを思いやり、人さまとともに向上を目指す生き方の中にほんとうの「自由」があり、「自在」があると教えて下さっています。
             

            どうしてありがたいはずのお役が重荷になってしまったのでしょう?私はいつも自分が何とかしなければならない!宿直は人数を確保のため最大限の努力を払わなければならない!与えられた責任は果たさねばならない!・・・こうあらねばならい、こうあるべき、という気持ちに支配されています。
             

            支部の方々、副部長さん方から「有馬さんは一生懸命なところはすばらしいところだけど、形にはめずにもっと自由にやってみはってもええのとちゃいますか」とよく教えて頂きます。色んな方に協力をもっとお願いしてみたらどうか。ええ(良い)加減ぐらいがちょうどええのとちゃいますかとも。


             後段のご法話では仏さまは「智慧の楽」を与えて、ほんとうに自由自在人生を送らせてあげたいと願って下さっていて、それには苦悩を自他の向上につながる楽しみや喜びとして受け止めることと教えて頂きました。
             

            多少のしんどいことがあっても、宿直の人数が足りなくても、行事が目白押しにあっても、それを苦しみと受け止めずに、教会のサンガの皆さま、支部の皆さまと楽しく前向きに取り組める自分になることだと思います。苦悩があるからこそ「前向きにとらえる自由」も与えられていると教えて頂きました。
             

             お休みをいただいている今、妻のありがたさが身に染みます。会話も格段に増えました。副部長さんからは「仏さまから今はゆっくり休む時間を頂いているんやと思いますよ」との温かいお言葉。皆様の温かさが心に染み入ります。
             

            今お休みを頂いていることは自分がもっと楽に生きられる、自由自在な自分になれるための準備のための貴重な時間を仏さまから与えて頂いているのかもわかりません。
             

             会長先生から最後に「おにぎり」の問いを頂いています。私はみんなで等分して分け合うべきという考え方一辺倒でした。しかし、わずか2/5個のおにぎりを事務的に分配されても自分も含めみんな満足できなかったかもわかりません。
             

            仏さまの願いからすると、等分にこだわる必要もないのかもわかりません。一番おなかがすいている人に2個ともおいしく食べて頂き、他の方には譲った満足感を味わって頂くことも有りかもわかりませんし、場合によっては、自分がありがたく頂いて、元気になることで感謝の気持ちを皆様にお返しするということもありかもわかりません。
             

            活動に復帰できたときには困難があっても、仏さまと一体の大調和の中で生かされていて、今こそチャンスと柔軟にとらえることができ、皆様に悦びと幸せを味わって頂けるようなはたらきができる自分になりたいです。

             

            合掌
            西京支部壮年部長 有馬規之
            【佼成7月号はこちらからご覧頂けます】
            【朗読版はこちら

             


            ユース21京都通常総会

            0

               

               ユース21京都は6月25日、通常総会を三条柳馬場の京都YMCAにおいて開催し、各加盟団体の代表が参加しました。京都教会青年部からも2名が出席しました。
               平成30年度の事業報告、決算報告や平成31年度の事業計画、予算計画を審議。次年がユース21京都設立20周年になることから、記念式典の開催予定が発表されました。
               また役員の非改正年度ですが、京都YMCAの久保田氏が転勤による異動により、コミュティーネットワーク責任担当の永井氏が専務理事を兼任することになりました。
               総会後は場所を変え、懇親会を開催、親睦を深めました。


              乙訓明社 清掃ハイキング

              0

                  

                 京都明社と乙訓明社は16日、清掃ハイキングを実施。阪急西山天王寺駅から小倉神社までの約1.2kmの道中を二手に分かれ、清掃しながらハイキングを行い、会員25名が参加しました。

                前日までの雨が嘘のように晴れわたり、各自がゴミ袋を片手に、またある人は金バサミを持ち、道端に落ちている吸い殻やゴミを拾い集めました。
                 

                小倉神社に到着した一行は、昼食後、山崎合戦慰霊祭に参列。お祓いを受けた後、代表者が玉串を奉納。
                天正10年(1582年)の山崎の合戦に思いをはせ、歴史を感じることが出来ました。


                平安月報6月号

                0

                  平安月報6月号が出来ました。
                  今月は
                  1面:青年の日2019「こころひとつにフェスティバル」
                  2面:今月のことば、明社運動50周年記念大会
                  3面:下館教会から万灯を譲り受けた レポートより
                  4面:庭野開祖の法話より の構成になっています。
                  ぜひご覧になって下さい。→こちら


                  6月の言葉

                  0

                    〜仏の教えを習い、学ぶ〜

                     

                     「今月のことば」を担当させて頂きます、洛叡支部の古田雅章です。

                     

                     会長先生の「仏の教えを習い、学ぶ」を読ませていただき、まず最初に感じたのは「難しい内容」という事です。3回読み直しました。それから声に出して読みました。会長先生のご法話は、知的で文学的で、いつも理解するまでに時間がかかります。ただ、自分なりに理解が進んだとき、それはそれはありがたい気持ちになり、「やはり会長先生は素晴らしい」と毎月思わせていただくわけです。


                     今回、「習学」について教えていただきました。私が法華経に出会ったのは18歳の時でしたが、あまり勉強、つまり学習をして来なかった自身を振り返ると、これまで生きてきたなかで、どちらかというと「習学」について考える時間が多かったように感じます。
                     

                     出身は山口県下関市。信仰二代目。高校卒業とともに京都に移り住み、京都教会の皆さまの触れ合いのお蔭様で、改めて自分の意志で立正佼成会に入会しました。学校、その後の就職と、様々な悩みや苦しみを経験しましたが、教会では必ず「まず自分の事としてとらえましょう」「自分が変われば相手が変わる」と徹底したご指導をいただき、素直に実践する中でたくさんの功徳をいただく事ができました。

                     

                     特に、青年幹部教育を受講しているさなか、しかも会社に入りたての新人研修中に、父が事故で他界した出来事は私を大きく成長させました。私は父が嫌いでした。アルコール依存症である父を私はとても嫌っていました。そのような私でしたが、青年幹部教育の中で、どんな理由であれ自分の子供に嫌われている父の気持ちってどんなものだろうかと、父の気持ちを考える機会を与えていただきました。自分の事しか考えていなかった自分に気づき、すぐに父に懴悔の手紙を書きました。

                     

                     次に会ったときに必ず手紙を渡そうとしていたそんな矢先に父は突然亡くなりました。その後、手紙を渡せなかった事に囚われていた私でしたが、「逆に渡せなかったからこそ、その気持ちをいつまでも持ち続ける事ができるんですよ。」と青年幹部教育の講師の方に教えていただいたとき、この信仰は間違いないと確信しました。
                     

                     そのまま進んでいたら、もっともっとありがたい自分になっていたかもしれませんが、社会にもまれ、残念な事に歳を重ねることに素直な自分は薄れ、逆に我がままで自分勝手な日々を過ごしている現在だと感じています。日々反省です。
                     

                     そのような私ですが、今回のご法話の最後に「習学の実践」について説かれている部分でたいへん救われました。実践とはつまり「基本信行」であると教えていただきました。佼成会員としては実に当たり前の事ですが、これが本当に大切で、また当たり前に続けていく事が本当に難しいと実感しております。改めてこの事を認識でき、また新鮮に受け止める事できたのはこれまでの修行のお蔭様だと感じます。


                     今年は京都教会発足60周年の節目の年、これまでの自分を振り返り新たな気持ちで、佼成会のご縁でいただいた計り知れないご恩をこれから精一杯お返ししていきたいと願います。

                     

                    合掌
                    洛叡支部 古田雅章
                    【佼成6月号はこちらからご覧頂けます】
                    【朗読版はこちら


                    平安月報5月号

                    0

                      平安月報5月号が出来ました。
                      今月は
                      1面:第32回福知山お城まつり
                      2面:今月のことば、花まつり
                      3面:壮年 ダーナの日、花見会
                      4面:庭野開祖の法話より の構成になっています。
                      ぜひご覧になって下さい。→こちら

                       



                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << July 2020 >>

                      links

                      スマホ版へ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      profile

                      書いた記事数:723 最後に更新した日:2020/07/05

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM